大恋愛で見る50代の恋、恋は人生を楽しくさせる?



金曜日夜のドラマ「大恋愛」、ご覧になっていますか?

私は、毎週楽しみに見ています。

主人公の尚は若年性アルツハイマー病を患っています。
第7話では、その病が進行してしまい、見ていてつらくなる場面も多くなりました。




ドラマ大恋愛では、まさかの50代の恋が登場します。

尚のお母さん(草刈民代さん)が、年下の医師に恋をしました。
この展開にちょっとびっくりです。

相手は、娘の元婚約者ですから・・・
(松岡昌宏さんが演じています)

娘の病の進行を知り、一人やけ酒を飲んでいた50代の母親。
娘の病気の進行を知る、これは本当につらいと思います。

そこで、私は男の人に頼ったことないと告白します。
(尚のお母さんは、医師で女手一つで尚を育ててきました。)

そこに私を頼ってくださいという男性が現れたら?
ときめいてしまう気持ちは、よくわかります。

おひとりさまで生きていると、いろんなことがあります。
私も、本当につらい時、誰かに頼りたいとか、助けてほしいと思う時があります。

ドラマのように、年下のイケメンが頼っていいと言ってくれたら?
たぶんドキドキしてしまうと思います。

今の現実の世界ではありえませんが・・・

これってセクハラじゃない?初老のお客さまから言われた言葉
普段は、どちらかというとお年寄りのお客様が多いスーパーで、土曜日ものんびりとしたお店なのですが、夏ともなると激変します。 今年もや...

私に近づいてきたのは髪の毛真っ白の初老の男性。
金をやるからって、たぶん変な意味です。

最近も、手を握られたり、へんな質問されたり、そのお客様には辟易しています。

現実の世界では、こんなお誘いしかありません。

50代の恋は、人生を楽しくさせる?

ドラマ大恋愛でも、尚のお母さんは、恋する女性として、なんだかキラキラと輝き始めました。

恋は、人生を楽しくするのかもしれない。
苦しみ悩みも半減するのかもしれません。

ときめく心は、毎日を楽しくさせるかもしれません。

50代の恋愛、うらやましい気持ちもしますが、私はいらないです

恋をする余裕はありません。

いつのまにかあごがれの上司が、お店に来ても、全然ときめかなくなりました。
男なんてめんどくさい。これが本音。

もうアラカンですからね。

ドラマ大恋愛で、50代の恋は、どう展開していくのでしょうか。

医師の母親も、おそらく50代。
息子の相手が、自分と同世代と知ったら?

その展開も楽しみです。
とてもかわいそうなドラマですが、普通に生きられることがどれだけ感謝なのか思い知らされます。