50代の旦那デスノート、旦那に死んでほしいと願う妻たち




スポンサーリンク




50代の旦那デスノート、旦那に死んでほしいと願う妻たち

旦那が嫌い、旦那死んでというキーワードでの検索数は年間100万回だそうです。
驚きました。

子どもが自立して、夫婦二人だけになった場合など、旦那さんの嫌な所ばかり目に付いてしまうのでしょうか?

旦那デスノートは月間13万人が利用しているそうです。

月間サイト利用者数13万人突破。イライラさせんなや!ムカつく!夫に今すぐ死んで欲しい。毎日思っている。愚痴なんて生易しいものじゃない。ホンマに早く死んでくれへんかな?車にひかれたらいいのに!こんなに死ねとか汚い言葉言って良いなんて!吐き出していいなんて!私は家政婦じゃない。私は奴隷じゃない。旦那に死んでほしい人のための...

久しぶりにのぞいてきました。
とにかく過激です。
唖然とします。

書き込みをしているのは幅広い年代ですが、検索に50代と入れると50代の方の書き込みが見れます。

クソジジイ、くたばれ等々すごい言葉が出てきます。
心の底から嫌いなんだなと思いました。

そこまで嫌いで、そこまで憎むなら離婚をすればいいのにと思います。
旦那が嫌いでも、それが実行できないのはやはり経済的な理由からでしょうか。

経済的にやっていけるか不安それが一番だと思います。

旦那は嫌いだけど、経済力はあるから我慢している、そんな方も多いと思います。

だから離婚ではなくて死んでほしいになるんですね。

こんなサイトもあります。

旦那を合法的に早死にさせる方法

1.夫を太らせなさい。二十五キロ太らせたら、十年は寿命が縮む
2.酒は飲み放題、菓子は食べ放題とする
3.何もさせずに座ったままにさせる
4.食事は動物性脂肪を十分に
5.出来るだけ塩分の多い食事に慣れさせる
6.コーヒーは無制限とし、砂糖はたっぷりと
7.タバコも出来るだけ多く吸わせる
8.夜更かしをさせ、朝は早く起こす
9.仕事以外のレジャーの旅行には行かせない
10.最後の仕上げは始終文句を言っていじめること。

笑ってはいけない話題ですが、笑ってしまいました。
これを本当に、実行する妻はいるのでしょうか。

その後のデータで、やはり旦那が嫌いで、死んでほしいと思っていた妻たちが熟年離婚を選んだ場合、精神的には幸せになったという方が多いそうです。
その妻たちが離婚して正解だったと思うこと、よくなったことがほとんどですが、一つだけ悪くなったのは、生活が苦しくなることでした。

50代の離婚になりますと、老後のことも視野に入れなくてはなりません。

死ぬほど嫌いな旦那が、年金分割に応じてくれるかが、大きな問題になってくると思います。

あとは、財産分与とかも。
熟年離婚はいろいろと大変だしめんどくさい、そして経済的な不安も出てきます。
だから自分より早く死んでほしいと思うのでしょう。

でも、この旦那デスノートを読むと、相手に問題ありの場合がほとんどでした。

普通の優しい旦那さんなら、嫌いとか死んでほしいなどと思わないのかもしれません。

こんな本も出版されています。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。