断捨離

実家の断捨離は潔さが必要!一番処分に困ったのは高額な着物

実家の断捨離どうしますか?

親が年取れば年取るほど、自分では何もできなくなります。
誰がやる?
子供がやるしかないのではないでしょか。

実家の断捨離、大型トラック二台分、ありました。
実家の断捨離は、大型トラック二台分ありました! 母が、サービス付き高齢者住宅に入居して一年たちました。 暑くなってからの引っ越しは大変でした。 なぜ、チビチビでも捨ててこなかったとかと悔やみました。 実家...

ずいぶん前に、書いた記事ですが、大げさではなく捨てるものが大型トラック二台分ありました。
あの時は恐ろしいほど大変でした。

昭和初期生まれの母は、物を捨てるのが大嫌いでした。
銀行でもらってくる景品なんかもどんどん増えていきました。
いらないものでも、もらってきますからね。

実家の断捨離は、一度にやるのは、本当に大変です。
前から少しづつでも捨てておけば良かったと後悔しました。

母が、高齢者住宅に入居が決まり、慌てて行った実家の断捨離でした。

実家の断捨離で、潔さが必要だと思います。

私も母の貧乏性は多少なりとも受け継いでいて、捨てるのはもったいないと思ってしまいます。

まだ使えるかもしれない。
とって置こう。
また着る機会があるかもしれない。
とって置こう。

こんな気持ちがあるとなかなか断捨離は進みません。

たとえば思い出の品、アルバムや結婚式の写真など。
段ボール二箱ありました。

これは自分の小さい頃の写真もあったので捨てられませんでした。

実家の片づけは一度で済まず、何回も通ったのですが、ある日実家に行くと、写真が入った段ボールがなくなっていました。
二世帯住居で、ともに暮らしていた兄のお嫁さんが、潔く捨ててくれたのです。

お嫁さんは他人だから、潔く捨てることができたのだと思います。
大嫌いな母のものなど、エイっと捨てられたのかもしれません。

実家の断捨離で大変だったのは、高額な着物の処分です。

父がまだ食堂と仕出し弁当やさんを経営していた頃、実家は羽振りがいい時がありました。

母は趣味として、お茶やお花をやっていました。
その時に着物が必要だとかで、ひと月に一枚は着物を買っていたようです。
その着物の量がすごかった。
和ダンス一本ありました。

和ダンスは、実家ごと断捨離しなくてはならなくて、中を全部からにしなくてはなりません。

総額500万くらいになると母は言っていました。
その中に、私と妹が成人式に着た振袖もありました。

振袖は、注文したので100万近くかかったと聞いていました。
その頃、実家は金持ちだったのかも。

母は着物に愛着を持っていました。
私や妹も、着物が高価なものであることを知っていました。

断捨離する勇気がありませんでした。

母としては、着物は財産という思いもあったと思います。
とりあえず、閉まっておこうと断捨離を先伸ばししていました。

面倒なことはあとでやるっていうのはだめです。

引っ越しの数日前に行ってみると、和ダンスの中がからっぽ!見事にきれいになっていました。
またまたお嫁さんが断捨離したのです。

私と妹は、唖然としましたが、手伝いにこなかった自分たちも悪いので、何も言えませんでした。

母の宝物である着物を、バーンと断捨離できるお嫁さんはすごい!!

その後、着物が売れるということがわかりました。
どれくらいで売れるか見積もりもしてくれるそうです。

お嫁さんが断捨離する前に、そのことがわかっていれば、高価な着物たちはただのごみにはならなかったのに・・・

母は、もう少しぼけていましたので、捨てられたみたいなんて言ってました。
昔の母だったら間違いなく嫁姑戦争が勃発していたと思います。

不要な着物の買取をしてくれるバイセルという業者があります。
いくらで売れるのか?
評判はどうなのか?



思ったより高く売れたという良い口コミ、見積もりしたら0円だったとか、いろいろでした。

実家の断捨離に限らず、断捨離というのは潔さが必要です。
そして着物の教訓から、捨てる前に、不用品買取を調べてみることも大事だと思いました。

タイトルとURLをコピーしました