未分類

老後の一人暮らし、やはり一番心配なのはお金のこと、次にボケること。




雪がふって、道路は大変な状態になっています。
昨日はやっとのことで、家にたどりついたけれど、これで停電になったら怖いな~と思いました。

暖房もつけられない、真っ暗な部屋でどうする?って想像してみました。
布団の中にもぐりごんで、復旧を待つしかないかも。

関東はいろんな面で雪に弱い。
重い雪によって電線が切れてしまう可能性があります。

息子がいなくなった一人暮らしは、やはり不安なことはたくさんあります。
雪が降ったり、地震が起きたり、オミクロン株が蔓延したりと、年初早々から気を引き締めていかなければと思いました。

老後の一人暮らし、やはり一番心配なのはお金のこと

充分な貯金と年金があれば、こんな心配はいらないのですが、何しろ年金が少ない。
これから働けなくなるまでの期間に、1円でも多くの貯金をしていきたいと思っています。
健康を守ることも大事ですね、医療費を捻出する余裕はないからです。

次に心配なことが、ボケること。
つまり認知症になることです。

人の力を借りないで、一人でも生きていけるのはだいたいが75歳までと言われています。
中には例外もあり、80歳から90代でも、元気に一人暮らしをされている方もいますが、それはほんの一握りです。

ほとんどの人が、脳や身体がダメージを受けていきます。

趣味を持って、楽しく暮らすが、老後を元気に過ごすことのカギになると何度も書いてきましたが、これにつきます。

同居姑の事情のめろんさん。
私の記事を紹介してくださりありがとうございます。

フラワーアレンジとか韓国語とか・・・ - 同居姑の事情。
先日、 ブログ「お茶のいっぷく」さんが こんな記事を書かれて いましたね。 mihomiho0109.com 興味津々に読ませていただきました。 どちらかと言うと、 私は多趣味。 先日、趣味の断捨離をしたばかり です。 でも、 「お茶のいっぷく」さんの書かれた記事の内容を 見てみると・・・ あーー・・・私もやりたい! ...

めろんさんは、韓国の俳優さんという推しがいて、カメラという趣味もあります。
生活を楽しんでいらっしゃると、以前から思っていました。

他にもやりたいことがたくさんあると書かれていました。
もう年だからとかであきらめないで、やりたいことがたくさんあるという、そのワクワク感が老けないコツだと思いました。

自分の過去や、自分の結婚生活は、もう振り返らずに、後生は楽しく気ままに生きていきたい。

タイトルとURLをコピーしました