アラカンのつぶやき

お金に余裕があったら引っ越せるのに・・・

台風が上陸しないでよかったけど、風が強い一日でした。
これからも大型台風はやってくると思う。

そのたびに、このボロアパートでドキドキすることになります。

お金に余裕があったら、引っ越せるのに・・・

今の住まい、2DKのアパートは駅から近いのに格安物件です。

理由はいろいろあるけれど、一番はアパートの裏が崖だということです。
その崖の上には、大きな家がたくさん建っています。

そこには陽がたくさん注がれていますが、わが家は陽があたるのは一日に二時間ほどです。

これにはもう慣れたけれど、今、恐れているのは災害です。

何がおこるかわからない世の中になりました。
何がおこるかわからない異常気象です。

集中豪雨や台風で、この崖が崩れてくるかもしれません。
崖の前には常に、土嚢がたくさんつまれているのも不気味です。

集中豪雨が起こって、裏の崖からへんな音がしたら、逃げようと息子に話しました。

大丈夫だよ、崩れるわけないじゃん。

涼しい顔をして息子は言う。

自分は大丈夫、ここは大丈夫、まさかと思う人が、命を落としてしまうのかもしれません。

私と息子は、窓を挟んで崖の前で寝ています。
崖崩れが起きたら一瞬で飲み込まれてしまうと思います。

土砂崩れで生き埋めになるのは怖いです!

土砂災害危険区域にたっているアパートですが、先日ずっと空き家だった隣部屋に、母子と思われる老親子が引っ越してきました。

たぶん私と同じくらいの年齢の方と80代の女性の方だと思います。
なぜ?こんな危険なアパートに引っ越してきたのだろう?

たぶん訳アリ。

災害が起きた時に、この親子はどうするんだろう?
80代の母親を連れてどこかに避難するのだろうか。

自分たち親子も危険な中に住んでいるのに、隣の親子が心配になってしまう。

世の中には訳アリ、苦難の中に生きている人おそらくたくさんいると思います。
そして何事もないように平和なふりをして生きている人もたくさんいると思います。

大きな台風よ、来ないで!と祈るしかないです。
たぶん私の一生は貧乏なまま終わると思う。

貧乏、手放したいです!

タイトルとURLをコピーしました