未分類

認知症は脳の病気、わかっていてもイライラします。




今週、母の所へ行きます。
二か月ぶりの通院介助です。

病院を変えることにしました。
施設から徒歩15分くらいの病院だったのですが、このコロナ禍の中、少しでも施設に近い所がいいと思い、施設の下のクリニックにかえることにしたのです。

昨日、病院を変えることを伝えるために母に電話をしました。

「わかった~。待ってるね」とおとなしく電話を切ったのですが・・・
その後5分置きに母から電話が入りました。

「なんで病院変えるの?」
「いつ来るの?」

何回説明しても5分後には同じことを聞いてきました。

「お母さん、紙にメモしてね。」
「わかった、メモしたよ。」

なのにまた電話がきました。

お母さん、言葉が通じない、認知症が悪化していると絶望的な気持ちになりました。
私に電話をかけるのと同時に、妹へも電話攻撃をしていたようです。
病院を変える、その言葉が母の不安に火をつけてしまったかもしれません。

母は認知症です。

認知症は脳の病気だとわかっていてもイライラします。

イライラするとともに悲しくなります。
何度も何度も母が壊れていく瞬間を見てきて、慣れているはずだけども、そのたびに絶望的な気持ちになります。

今日は認知症の母へ、パンツを買ってきました。
母はついに自分では洗濯ができなくなり、ヘルパーさんに洗濯も頼んでいるのですが、その洗濯の日が何曜日かわからなくなり、ついにはパンツはゴミ箱に捨てているようです。

パンツが足りない!パンツを買っていってと妹からlineが来ました。
もう介護用紙パンツにするべき?と思ったのですが、プライドの高い母は紙おむつをはくのは無理かも。
ということで、パンツを買ってきました。

そしてお菓子も買いました。
こしあんが大好きな母ですが、お菓子もあればあるだけ食べてしまうので、お菓子は二袋のみにしました。

・子育てが終わったら親の介護
・年を取ると子供に帰っていく

この二つ本当だって思います。
私たちは母を施設に入れました。
だから母に接する時間は少ないです。

それでも認知症の症状を垣間見た時、本当にイライラしてしまいます。

以前も記事にしましたが、私は母に愛されたという記憶があまりありません。
母は兄を溺愛してきてからです。

もう親を捨てるしかない、兄は母を捨てた。
人の悩みというのは、ほぼ人間関係の悩みだと言われています。 妹と喧嘩をした後、ずっと心に重いものがあります。 母が可哀想だという気持ちも、まだ残っているけれど、仕方ない、母が蒔いた種なのだと思うことにしました。 とりあ...

介護職の妹に、母のことはまかせっきりにしていました。
妹を精神的に追い詰めてしまいました。

妹も、いつも言っています。

認知症は脳の病気、わかっていてもイライラする、なかなか受け入れることができない。

・脳が壊れていく。
・記憶が失われていく。
・少し前のことを忘れる。

自分はどうしてしまったのだろう?と一番不安なのは母自身でしょう。
それもわかっています。
母を見ていて思うのは、自分はボケる前にいなくなりたいということです。

タイトルとURLをコピーしました