50代パート

年下の後輩からの上から目線にイラッ!年上を立てる風潮がなくなってきた

昨年の年末から、今月にかけて年下の後輩から嫌味を言われ続けています。
49歳の同僚ですが、更年期障害でしょうか?
いつもイラついています。

確かに仕事ができる人です。
事務能力は高いと思う。
でもすごく感じ悪い態度で、お客様のクレームによりレジもサービスカウンターも外されています。
それで裏方に徹しているわけなのですが、この49歳パートは事あるごとに私に名指しで注意をしてきます。

本当に年下の後輩からの上から目線には、イラっとします。

私が古い考えなのでしょか?
私自身は年上の先輩を敬い、年上を立てるべきだと思い、そうしてきました。
たとえどんなに仕事ができない先輩でもです。
これも昭和の古い考えなのでしょうか。

もはや年上を立てるとか、先輩を敬うとかそんな風潮は全くなくなってきたように思います。
令和の新しい時代は年功序列も消え、仕事ができる人が仕切る時代なのかと感じはじめています。

読者の皆様の職場はどうですか?
やはり年齢とか先輩後輩の縦の関係とかはなくなっていますか?

あまりの上から目線に、「あんた年上の先輩に向かってその言い方はないでしょ?」と言い返した60代のパートさんもいます。

49歳パートは結局、謝りませんでした。

私も、最近はもう限界がきて、言い返したくなっています。
でも我慢しています。

自分なりにいろいろ考えてみました。
アラカンとなり、残念ながら仕事の能力は落ちています。
新しい仕事がなかなか覚えられないこともあり、その49歳の仕事ができる後輩にいろいろ聞いてしまったり、頼ってしまったことがあったのです。

このオバサン、覚えが悪いと思われて、なめられるようになってしまったのかも。
自分にも悪い所がありました。
すぐに後輩に頼ったり、助けを呼んだりしていました。
(サービスカウンターの仕事ですがなかなか自立できません)

年を取るって悲しいことだとここでも思いました。
脳が老化して、動作も老化していくこと、受け入れざるを得ません。

50代の大量リストラの記事を書きましたが、こういうことなのだって実感します。
能力が落ちていく50代にたいして、会社は同じ賃金を払うなら若くて優秀な人がいいはずです。

スーパーのレジは、今の所、人手不足なので、リストラされることはないと思います。
レジは自動レジなんで、頭を使うこともないので大丈夫だと思うのですが、サービスカウンターの仕事がいろいろありすぎて、脳がついていきません。
悲しいかなこれがアラカンの現実です。

タイトルとURLをコピーしました