老後を考える

再雇用制度で働いている67歳おひとり様、辞めたいけど辞められない




今日は寒かった~
居間にある温度計を見ると、5℃!
部屋の中でも5℃とは・・・すきま風の多いボロアパートなので仕方ないです。

昨日の年下の後輩からの上から目線にイラッ!が、私の中でまだくすぶっていました。
どう処理していいかわからなかったけど、イライラが続いていました。

しばらく心の底で、眠っていた、パート辞めたい病がぬくぬくと顔を出してきました。
でも辞められません

今日は冷たい雨で、仕事もひまだったので、アラカン同僚仲間にいろいろ愚痴を聞いてもらいました。
(上から目線の49歳同僚は今日は休み)
被害にあっていたのは私だけではありませんでした。

再雇用制度で働いている67歳おひとりさまの先輩も、被害にあっていました

この先輩は、42年間も今の職場スーパーに君臨してきた社員さんだったのです。
60歳で定年退職し、2年くらい遊んで62歳で、再雇用制度で戻ってきました。

再雇用なので、待遇はパートで私たちと同じ時給制です。
42年間、サービスカウンターと発注業務をやっていたので大ベテランです。

会社側は即戦力なのですぐに再雇用しました。
しかし!2年のブランクがあり、その2年で職場は大きく変わっていました。

まずレジが進化していて、なかなか覚えられなかったようです。

そして以前はおとなしかった49歳パートが、のさぼっている職場になっていました。
私以上に、名指しで注意を受ける、命令されるという被害を受けていました。

67歳の先輩は、私と同じように辞めたいと思ったそうです。

プライドがズタズタになったけど、自分は半人前だから仕方ないなんて言っていました。
私はかつて社員としてバリバリやっていた先輩を思い出し、なんだかせつなくなりました。

60代おひとりさまの老後、こんなに辛い老後になるとは・・・
昨日は、祭日でお盆前、そして台風前、セールの日。 いろんな状況が重なり、朝から職場のスーパーは激混みでした。 朝9時から夕方16時までずっとレジ、お客様が途切れることはありませんでした。 もしかしたら大晦日より忙しい? ...

この先輩のことは、昨年の夏に記事にしていました。
腰が大きく曲がっています。

42年間も立ち仕事をし、年金も納めてきました。
今は年金を受け取りつつパートをしているのですが、意外な言葉を聞きました。

生活費が足りないから、辞めたいけど辞められないということでした。

スーパーの女子社員の給料は、そんなに高くなかったのだと思います。
したがって年金も少ないのかもしれません。
先輩なので、年金いくら?なんて聞けませんが。

他の50代同僚も上から目線女には、すごいきつい言い方で注意されているそうで、パワハラだ!と怒っていました。

今日、何人か聞いただけなのに、被害を受けていた人が多くびっくりです。
自分だけではなかったんだと思ったのと共に、愚痴を吐き出して、帰宅する時はすっきりしていました。

生活費が足りないからやめられないという先輩、私と同じで意気投合。
たまにお茶やランチにいく間柄ですが、また愚痴大会をやろうという話になりました。

職場では離せないこと、外で愚痴を吐く。
そうやってストレスを発散させながら、ここで働き続けるしかないのかななんて思いました。

タイトルとURLをコピーしました