アラカンおひとりさま、家に男がいなくて困る夜




大学生の息子が、サークルの合宿で東北へと旅立ちました。

貧乏学生なので、新幹線は利用せず夜行バスを利用。
(新幹線の半分ですみます)
帰宅は金曜日、こんなに長い間、このアパートで一人で過ごすのは初めてのことです。

今日は夕飯の心配もせず、仕事終了後はなぜか気持ちがウキウキしなが帰宅しました。
寂しさは全くないです、一人の時間を満喫できる楽しみの方が大きいです。

スポンサーリンク




アラカンおひとりさま、家に男がいなくて困る夜。

あ、なんか意味深な題名になってしまいましたが、変な意味ではないです。
息子も男ですので、案外何かと頼りにしていたのです。

昨晩、さっそく困ることがありました。
私たち親子が住んでいるのは、二階建てアパートの一階部分です。
隣がずっと空き家になっています。

静かな夜に、アパートの前で何やら物音が・・・
わが家の前でガサゴソ音がしています。

ん?誰だろう?なんの音だろう?と息子がいる場合は、ドアをあけて確かめることもできるのですが。

アラカンおひとりさま、女一人ではそれができない。

怖い!って思いました。
何が起きるかわからない物騒な世の中ですから。

息をひそめて音が静まるのを待ちました。
こんな時、元夫が訪ねてきたら?なんて恐ろしいことを想像しちゃいました。
私一人では太刀打ちできる相手ではないです。

音が静まったら、怖くなったのでテレビの音を大きくして見ていました。

おひとりさまを満喫どころか恐怖の夜?
恐怖はそのあとも続きました。

今度は、台所でカサカサ音がします。

お願いだから出てこないでねと心の中で、祈ったのに・・・
出てきました。

とても大きな黒光りしたGです。
それも天井をはっている・・・
恐ろしくて声もでませんでした。

Gを退治して、Gの後始末をしてくれるのは息子の役目だったのです。

このアパートに引っ越してきて、初めての夏を迎えます。 窓をあけっぱなしにして、台所の窓もあけておくと、風の通りがよくなって...

この最強の方法で、暑い夏も会わずに済んでいたのです。
まず6月のはじめにアパートの周りに ゴキブリキャップを大量に置きました。
それからずっと会わずに済んでいたのに、8月の初めに部屋の中に現れました。

もう二か月たっているから効き目がなくなっているのかもと思い再度購入。
先週またまた大量に置きました。

なのになぜ?また現れるの?それも息子がいない夜に。

殺虫剤でなんとか退治したのですが、それを処分するのがなんとも苦手です。
みなさんどうしていますか?
私は、ティッシュでつかむあの触感が苦手なんですよ~
仕方がないので自分でやりました。

そのほか息子がいない夜に出てきて欲しくないのは、大きなクモやムカデです。
一階だし、アパートの裏が崖になっているのでいろんなムシが現れます。

二人で大騒ぎしたのは、家の中でトカゲが出た時です。
トカゲなのかイモリなのか黒い生き物でした。

その時も息子がつかまえて外に逃がしました。

こんなんじゃおひとりさま生活はおくれないなと思いました。

一人の夜の最大の利点は、夕飯を手抜きできること。
いつも手抜きですが、さらに手抜きしてます。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。