長男が車椅子生活になった、50代の同僚が心労で入院する




今日も息子の帰りは遅く、一人ご飯を食べ終えました。
もうすっかり一人ご飯にもなれました。

今まで、何回か記事に書いてきましたが、仲の良い50代同僚の話です。

スポンサーリンク




息子さんが交通事故で意識不明の重体になったのは今年の2月のこと。

普通に歩道を歩いていて(朝出勤時)後ろからきたバイクにはねられるという事故でした。

運悪く、頭を強打してしまい意識不明、そして脊髄損傷の大けがを負ってしまいました。
50代の同僚は、その後復活したのですが、またまた心労で倒れてしまいました。

今日の職場のスーパーは、いつもより混みました。 やはり給料日は混みます。 給料日より混むのは、年金支給日です。 やはり高齢...

その50代同僚、お子さんが6人もいるのです。
事故にあったのは、その中で一番溺愛していた長男でした。

長男さんは職場のスーパーに何回か買い物にきましたが、イケメンの好青年でした。

あの長男さんが、事故にあい、もう一生歩くことができないなんて・・・
本当に人の人生というものは、いつどうなるかわからないものです。

長男さんは、いつか歩けるようになると信じて、今もリハビリを続けているそうです。
でも実際の所、脊髄損傷から歩けるようになるのは奇跡に近いと思います。

50代同僚は、最初は病院に付きっ切りで看病し、退院したら長男の介護です。

職場ではいつもため息をついていました。

そして今度は本人の血圧が高くなり、心不全の疑いがあるということで入院しちゃいました。

・長男は車椅子生活に。
・次男は今春大学を卒業したのに、就職せずにフリーター。
・長女、次女もフリーター
・三女が今年就職
・四女は4月に高校生になりました。

家は数年前に建てたばかりで、多額のローンが残っていると話していました。
なのでその同僚は、どんなに大変でも働かなければならないそうです。

大家族石田さんちもそうでしたが、子供が多いと多いなりにいろいろあるのだと思いました。

長男さんは、車椅子で職場復帰をはたしました。
働ける環境にあったことは、良かったと思います。

50代同僚にはゆっくり休んでほしいと思います。

高齢者の交通事故、多発しています。
交通事故というのは、本人だけではなく家族の人生をも狂わせてしまいます。

そして普通に生きていても、いつ巻き込まれるかわからないのです。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。