受験うつからのリベンジ、いよいよセンター試験




スポンサーリンク




昨年の4月、息子は受験うつになりました。

貧困ならではの苦しみで、塾に行かずに自宅学習、私立も受けずに国公立一本でいくという失敗をしました。
本人も、頭がおかしくなるくらいに勉強し、気分転換もせずに突っ走ってきました。

それでも結果が出なくて。
息子は受験うつと診断されました。

読者の皆様、こんばんは。 憂鬱な毎日が続いています。 たまには明るい記事を書きたいのですが・・・ 状況は悪くなるば...

友人からは、うつ病は1年も2年もかかる、そんなに簡単には治らないと言われ、絶望しました。
でも息子も私も?立ち直りました。

受験うつからのリベンジ、明日いよいよセンター試験を迎えます。

ここまで立ち直るのは本当に大変でした。
でも、貧困に負けてはいけないと思ったし、過去の家庭崩壊に子供たちを巻き込んだままではいけないと思い、頑張ってきました。

・睡眠障害
・対人恐怖
・不安障害
・浪人生なのにアルバイト
・ひきこもり
・スマホ依存
・ゲーム依存

こんなさまざまな事と闘ってきました。

いよいよ明日センター試験を迎えます。

よくここまで、立ち直ってくれたし頑張ったと今は思います。

国公立を目指す息子にとって、明日のセンター試験が本当に重要です。

緊張してない?と聞いてみましたが全然緊張していないそうです。

受験うつからのリベンジなるか?

それにしても、大学受験は本当にお金がかかります。
ここで子供のために無理をして、老後貧困に陥る人もいるだろうなとつくづく思います。
私の場合は、どうもがいても、宝くじでもあたらない限り、老後貧困決定です。

70歳まで働く?
もっとかな、死ぬまで働く覚悟はできています。

間違った結婚をしてしまったけれど、娘と旅行に行けたし、自由にコンサートにも行けるようになりました。

貧困生活でも、それなりに幸せな時間ができたこと。

夫と別居して本当によかったと思います。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。