熟年離婚のその後、現実は厳しいけれど、別れてよかった!!



熟年離婚のその後、現実は厳しいです。

私は、夫と別居してもうすぐ4年になります。
音信不通になってから、2年がたとうとしています。

(私の場合、離婚は成立していないので、熟年離婚ではなく熟年別居になりますが・・・)

50代のブロガーさんの記事を拝見すると、熟年離婚をした方をけっこうみかけます。

ある方は、熟年離婚後、キラキラとした人生をおくっています。
もう何年もブログを拝見していますが、どんどん変わっていきました。

私が、うらやましく感じるのは、芯の強さです。

めそめそした記事なんて見たことないです。

私にもその強さがあればと、何回も思いました。

今も、毎日キラキラと輝いた記事を発信されています。
熟年離婚後の生活を、自分の人生を楽しんでいるとても良い見本になっています。

もう一人の熟年離婚をした50代のブロガーさん。

熟年離婚をした50代ブロガーさんの記事を拝見しました。 有名なブロガーさんなので、読んでいる方もたくさんいると思います。 大...

以前記事にしました。
本当にしっかりされた方で、この方も芯が強いと思っていました。

自分をもっている、そして老後の設計までしっかりしていました。

すごいなと思っていたけれど、ストレスが原因でしょうか?
体調を崩されています。

夫と別れて、そのストレスからは解放されたけれど、今度は一人で生きていく覚悟が大きすぎて、頑張りすぎて、ストレスを抱えてしまったのでしょうか。

頑張りすぎはよくない。

申し訳ないけれど、そんなことを学びました。

熟年離婚のその後、現実は厳しく、生活は苦しいままです。

私の場合、とっさに飛び出し始まった別居です。
なので、ちゃんと準備をしてこなかったから、経済的に苦しいままです。

でも、精神的には、天国と地獄くらいの差があります。

パートを終えて帰宅する時、今は家に帰るのが楽しみでした。
自分の時間もたっぷりあります。

突然スイッチが入り、怒り出す夫がそばにいる。
それは大きなストレスでした。

いつもいつも夫の顔色を見て暮らしていました。

そのストレスからは解放されました。

熟年別居して、別れてよかったと、今は心からそう思います。

後悔しているのは、子供たちに心の傷を与えてしまったことです。
実の父親から、暴言を受け続けて、セルフイメージが低い大人になってしまいました。
自分に自信がないということです。

娘は26歳、息子は19歳だからまだ大人とは言えないかもしれないけれど、二人とも自分のことが嫌いだと言っています。
自分に自信がないという大きな心の傷が、いろんなことに影響を与えてしまっています。

もっと早く熟年別居すればよかったと思っています。

コメントの入力は終了しました。