年金20万円でも働き続ける、60代おひとりさま なぜ?



スポンサーリンク




年金20万円もらっているのに、働き続ける60代のおひとりさま女性がいます。

おひとりさまで、持ち家もある、だったら20万円で十分やっていけると思うのです。

なんで働いているんだろうといつも疑問に思っていました。

今日は、話す機会があったので、理由を聞いてみました。

このおひとりさま女性は、60歳で定年退職をして、すぐにこのスーパーで働きはじめました。
もうすぐ65歳の誕生日を迎えます。

いつもあっちが痛いこっちが痛いと、ぶつぶつ言いながら仕事をしています。

60歳まで、大手銀行で働いていたそうです。
なので、丸々40年厚生年金を納めて、企業年金にも入っていたので月20万を超える年金が受け取れます。

前倒しをして61歳から受け取っているとか。

20万円の年金収入でおひとりさまなら十分やっていけるはずです。

それなのになぜパートを続けているのか?

理由その1
高齢の母親と同居中で、介護をしています。
一日中顔を見合わせるのは嫌だからという理由で4時間のみ、週4回働いているそうです。

理由その2。
猫の飼育にお金がかかるからだそうです。

猫を8匹も買っているのです。

仕事帰りの買い物は、ほぼ猫の餌でいっぱいです。
猫のえさ代だけで月8万円はかかるそうです。
病院代とか避妊代とか、トイレ代などもかかると言っていました。

結婚をしないで生涯独身の60代おひとりさまですが、もう猫いのちなんです。
猫に自分の生涯をささげています。

結婚を考えたことはなかったの?と失礼な質問をしてしまいました。

なんと銀行時代は、上司と20年間不倫していたとか。

私は愛人だったなんて平気な顔をして言ってました。

お互いに年をとってから、会うのがめんどくさくなって自然消滅したそうです。
そのお相手、老後は奥さんの所にもどったということみたいです

60代おひとりさまで、年金20万円をずっと受け取れることうらやましいと思いました。

でも、よく考えてみると、これは本人が40年頑張って働いてきたから、もらえるわけです。
夫もいない、女一人で頑張ってきた成果だと思います。

私の夫は、以前も書きましたが、無年金です。
結婚した時、夫はもう40近かったのですが、自営業で国民年金を納めたことは一度もなかったのです。

唖然としました。

その分貯金をしておけば、老後はなんとかなるなんて言っていましたが、今は貯金を崩して生活をしています。
夫は今年65歳になりました。
本来なら年金スタートの年でした。

夫もたぶん、生涯現役、死ぬまで働き続けるのだと思います。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。