老後貧困の現実 定年退職なし、死ぬまで働く?




昨日、職場のスーパーで10月からの契約を更改しました、
契約の更改は、4月と10月の年二回行われています。

老後貧困の現実、定年退職の年齢がなくなった?

今までは、65才の誕生日を迎えると、その後の契約更改はできませんでした。
65才になる前に、これが最後の契約になりますと、通告されていました。

今回も65才を超えたパートさんが、二人いました。

もう契約更改は出来ないと思っていたみたいですが、普通に書類を渡されたそうです。

確認してみると、職場のスーパーでは、65才の定年退職制度がなくなっていました。

では、定年退職は何歳になったのか?

店長に確認したところ、特に年齢は定めていない決まりになったということで、身体が健康なら、年齢制限なく働けるということでした。

えっ~(;゜ロ゜)

職場の規則が変わってる事知りませんでした。

たぶん老後貧困になるであろう私、65歳をすぎても働ける事がわかりました。

複雑な気持ちです。

65才の定年退職まであと8年、あと8年がんばろうと思っていました。
ところが、65才過ぎても、身体が健康な限り制限なく働けるということがわかって・・・。

あと8年ではなく、自分が退職を決めない限りは、永遠に働けるわけです。

65才からは少ない年金、そして足りない分はクラウドワークスでがんばろうと決めていましたが、今の職場で働けるとわかったら、年金もらいながら、働き続けるのもありだなと思いました。

でも、今でも身体がボロボロなのに、何歳までもつかという不安もあります。

65歳まじかのパートさんは何人かいますが、みんな喜んでいました。

年金だけでは、そうとう苦しい家計の方ばかりです。
(国民年金の方)

そしてみんな、身体が元気なうちは働き続けたいと言っています。

これからますます高齢化社会になります。
シニアも働き続ける環境ができつつあるのかもしれません。

スーパー業界は人手不足が続いています。

なので60歳をすぎてからでも、充分働ける場所です。

コンビニ業界も、シニア世代を積極的に雇用しはじめたという話も聞きました。

でも70歳過ぎてレジ?
ちょっと無理があるように思います。

身体が元気なうちは、働く、これが老後貧困の現実です。

少ない年金では暮らしていけないので。

ある土曜日、レジに入っているパートさんは、私を除いてすべて60代!
57歳の私が一番若い・・・

でも、みんな元気です。
膝が痛い、腰が痛いと言いながらも、頑張って働いています。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。