ビットコイン暴落、天国と地獄 暴落は買いなのか・・・

スポンサーリンク

読者の皆様、こんばんは。

神奈川県はインフルエンザが大流行しています。
小学校などは学校閉鎖になっています。

それにしても今日も寒かった、バスを待つ時間が一番つらいです。

低温注意報が33年ぶりに発令中。

33年ぶりって・・・

(;”∀”)

最近、ビットコイン暴落の文字をよくみかけます。

ビットコイン、仮装通貨のことですが、昨年12月に220万円の高値をつけた後、今月は100万円まで暴落しています。

億り人という言葉を聞いたことがありますか?
ビットコインで億単位で儲けた人のことを言うそうです。

実際に存在するとか。

ビットコインを、昨年の今ごろ買っていたら、年末には20倍になっていたそうです。

10万円買っていたら、200万円になっていたわけです。
それだけ聞くと、すごいな、買っておけばよかったと思いますよね。

ところが、その逆もあるわけで、今はその逆、暴落の真っただ中です。
というより、急激に上がりすぎたから、調整しているという意見もあります。

暴落は買い。
株の世界では、そんな言葉もあります。

ビットコインは仮装通貨ですが、今は投機になっていると思います。

暴落は買い、少し買ってみようかなどと少しだけ思いました。
でもやめました。

このような投機は、余裕のある資金でやらなければ、ちょっとこわい。
そして、余裕のあるお金、今はありません。

クレジットカードでも買えるみたいです。

なのでお金が手元になくても買えちゃうのです。

去年、タレントの出川哲郎がビットコインの取引所のCMに出始めたころ、一気に人気が出て、申し込みをしてもなかなか手続きが完了しなかったと聞きました。

本人確認書類の提出とか、口座を作るのはいろいろと手間がかかるようです。

昨年暮れに買ってしまった方は、まさに後出しじゃんけんで、地獄をみている人が多数いらっしゃるようです。
(ちょうどボーナスシーズンだったし)

東京オリンピックまでは、ゆるやかに上がっていくのでは?という記事も見ました。
一万円が20倍の20万円になるかもしれません。

どうなるかは検討がつきませんが、日本人の熱はまだ冷めないという説もあります。

でも、もう今から買うのは遅いという気がしています。
ビットコインという夢のような投機にのれなかったということで、やはり手出しはやめておきます。

地道に真面目にコツコツ働くのが一番だと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。