熟年離婚、女一人で生きていく決心をしたブロガーさんに、エールをおくりたい!

スポンサーリンク

読者の皆様、こんばんは。

今日は仕事上でミスをしてしまい、落ち込んでいます。
たぶん老化現象によるミスです。

40代の頃の私ではないのだと、自分の老化を認めざるをえないミスでした。

熟年離婚、簡単に決めることはできません。女一人で生きていく、それは相当の覚悟が必要だと思います。

いつも読ませていただいているブロガーさんの記事を、さきほど拝見しました。

同年代の人気ブロガーさんなので、読んでいらっしゃる方も多いと思います。

情けない旦那さんをお持ちだけれど、とてもパワフルな方なのです。
今年も元旦から仕事をされたと書かれていました。

すごい・・・。

そのブロガーさんがついに、熟年離婚、女一人で生きていく覚悟を決められたようで、私はエールをおくりたいです。

今日の記事を拝見し、うんうんわかるとうなずいてしまいました。

本当は夫と寄り添って、家族4人で生きていきたかった。

私も同じ気持ちでした。

結婚当初は、50代で別居、そして老後は一人でなんて、思ってもみなかったのです。
誰もが幸せになることを夢みて結婚をする、そして家族を家庭を守るために、必死に努力をします。

努力をしてもだめな場合は、熟年離婚ということになってしまいます。

熟年離婚は、ビンボーな老後のスタートライン
給料日まであと10日、今月もお財布の中が超さびしいです。 ギリギリの生活ってこういうことなんだといつも感じています。 50代...

以前、この記事に書きましたが、熟年離婚をしたその後、豊かな暮らしができる方は少ないと思います。
ビンボーになる人がほとんどです。

それでも一人で生きていく決心をしたブロガーさんを、私は応援したいです。
家庭を家族を守るために、頑張っておられたことは今までの記事でわかりました。

それなのに、旦那さんは50代で、新たに事業を始めるという夢を捨てきれませんでした。

男のロマン?
やりたいことをやる、あきらめきれなかったのでしょうか。

女一人で生きていく、強くないとできないと思います。

私も弱虫でしたが、ずいぶん強くなった気がします。

私の夫が無保険になった時、私は自分の身も、子供のことも守らなければととっさに思いました。
夫は国民保険でしたが、滞納を繰り返し、差し押さえ督促状もきたことがります。

夫の場合、事業の停滞でした。

家族を守るために、転職をしてほしいと何度もお願いをしました。
でも聞いてくれませんでした。

結局、生活費もくれなくなり、最後は出て行けの連発でした。
出て行け、これはつまり、私や子供を養えないということです。

私と子供たちを放り出したのです。

こんなはずではなかった。
こんなことになると思っていなかったというのが本心です。

そのブロガーさんは、そんな旦那さんの老後を心配しています。
それもわかります。

何年も連れ添った夫婦です。
情があります。

私自身もいまだに、時々夫が心配になります。

熟年離婚を決意したブロガーさんですが、これからいろいろと大変だと思います。
頑張ってほしいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。