センター試験まであと一か月少々!貧乏母子家庭の闘いが終わる

今日から12月、ようやく冬らしい寒さの一日でした。

今日は、休みだったので少しゆっくりできました。

息子が午前中で帰宅。
期末試験だったとのこと。

受験なんて、まだまだ先だと思っていたのに。

センター試験まであと一か月少々となりました。貧乏母子家庭の闘いがもうすぐ終わります

別居して3年、本当にいろいろあった三年間でした。

高校入学後、選んだ部活は、アーチェリー。
お金がかかる部活でした。

道具をそろえるのに10万かかると言われ、そんなお金はないと泣く泣く部活をやめた息子。

自分のお小遣いだけでも稼ごうといろいろバイトもしました。
引っ越しのバイトは、かなりつらかったらしいです。

ヤンキー風の社員さんに、バカにされたりこき使われたり、さんざんだったようです。

それでも辞めないで早朝5時に起きて、頑張っていました。

別居当時、私と息子は、まだ心が弱くて、お互いに依存していたし喧嘩ばかりしていました。

ワンルームでの二人の暮らしはきつくて、ストレスもたまりました。

私は、たびたび息子へ、お父さんの所へ帰れと言いました。

本当に帰ってしまっていたら、今の私はいないと思います。
たぶん身も心も病んでいたと思います。

ひどい言葉もたくさん言ったし、息子からも言われました。
取っ組み合いの喧嘩をして、私の肋骨にひびが入ったこともありました。

DVの父親そっくりだね、あんたは!

そのような言ってはいけない言葉を投げかけたこともありました。

塾へ行きたい、そんな願いも、貧乏ゆえにかなえてあげることができませんでした。

やはり塾へ行っていない子は、ほとんどいないみたいです。

貧乏母子家庭の子供は、塾へ行かずに、自力で勉強し国公立大を目指す子が多いようです。

大学に進みたいのであれば、人一倍の努力をしなくてはなりません。

もしくは、就職・・・

夫からの養育費、援助はいっさいありません。
貧乏母子家庭、助けてくれる人は誰もいません。

秋ごろ、弱気弱気の息子は、受験して何になる、大学へ行ってどうする、俺は何をやってもだめだとひきこもりそうになりました。
絶望とはこのことだと思いました。

もうセンターは受けないとも言い出したし。

勉強もやめてしまい、寝てばかりの息子を見て、一時はどうなることかと思いました。

本当に闘いだったと思います。

私は何もできず、見守るしかありませんでした。

息子は、再び自分で立ち上がりました。
今は、猛勉強しています。

大学受験までの闘いは、ひとまず終わります。
結果はどうであれ、すべてを受け入れる覚悟でいます。

ドキドキしても、心配しても、どうにもなりません。

お金の心配もやめました。

開き直ったという感じです。

今日は、カレーライスを作ったのですが、まだまだ口内炎がよくならず、しみて痛いです。

(>_<) 最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。