子供のために自分を犠牲にする、それが美しい人生だって思っていました。

スポンサーリンク

今日も、蒸し暑かったです。
仕事場につくころには、化粧が全部とれていました。
(汗で)

ロッカーで、化粧を直そうとバッグを見たら、ファンデーションも口紅も入っていませんでした。
(完全に女捨ててる)

そのまま汗を流しつつ仕事をしました。
化粧室で見た自分の顔はとても疲れていました。

髪の毛の生え際は、いつの間にか、真っ白になっていました。
職場では三角巾をしているので隠すことができるので、いつしか髪型にも構わなくなっていました。

どこをどう見ても、素敵な50代ではありません。
人生に疲れ果てたオバサンそのものです。

私は、自分自身のために、お金をつかうことに罪悪感を感じていました。
バッグも洋服も、買ってる場合じゃないでしょ、子供のために貯金しなさいって声が聞こえてきました。

私は、貧乏母子家庭で、息子のために、自分を犠牲にしてがんばってます。
そんな生き方をしてきたと思います。

子供のために自分を犠牲にする。
それが美しい人生だと、ずっと思ってきました。

でも、最近、気が付きました。
この生き方はとてもつらいものでした。

毎日、つらいつらいって思っていたし、いつになればつらい人生から抜け出せるのかと思っていました。

心が折れて、泣いた日。

私は、死にたいという言葉を出してしまいました。
とにかくすべてから逃げたくなりました。

夫から逃げても苦労の連続です。

その時に、息子の言葉に救われました。

「母さんは、がんばっている。
そんなにつらいって、気が付かなかった。
俺は母さんに、世話になったから、将来恩返しするから。
死にたいなんて言わないでくれ。
待っててくれ。」

私は、
「あんたに世話になろうなんて思ってないから安心して。
将来も、今も、お母さんのことは背負わなくていいから。
自分のことだけしっかりやって」と言いました。

それは本心です。

育ててやったんだから、老後の面倒はよろしくね。
そんな気持ちはみじんもありません。

とにかく一人で立ち上がり、一人で生きていく力を身に着けてほしいと今は、思います。

娘は、完全に自立し、一人で生きていけるようになりました。
それはそれで、寂しい気持ちもありますが、息子も同じように、一人立ちしてほしいと思っています。

(それにしても受験で不安な息子に、死にたいなんて言うなんて最低な親ですよね)

そんなわけで、自分を犠牲にして子供にすべてをささげる人生は、美しくもなく、幸せではないと思うようになりました。

今、息子の大学の入学金用の貯金20万があるだけです。
これでは全然足りないのもわかっています。

そしてこの貯金だけは、手を出したらいけないと思っています。

私は、自分の人生をつらいだけで、終わらないように、たまには自分を休ませる。
自分へのご褒美も買う、そう決めました。

大学資金は、今更ジタバタしても仕方ないので、借金するしかないかと。
いざとなったら教育ローンもあります。

そう思ったら気持ちが、楽になりました。

髪の毛ふり乱して、あんたのためにがまんしてる。
息子にとって、そんな母親は重いだけだって思いました。

あの時、がんばってよかったといえる人生にしたいです。
息子も私もです。

試練を乗り越えれば、いつかは幸せになれるそう信じています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。