アラカンのつぶやき

60歳の健康診断結果、イエローカード3枚 ついにメタボ予備軍

今日はまたまた気温が下がってます。
この気温の変化についていけませんよね。

職場に行くと、50歳になったばかりの同僚がお休みでした。
先日行われた健康診断の結果が続々と出ていて、50代同僚も検診で何かひっかかったようで、
検査を受けに病院へ行ったということでした。

そんな中、私にも健康診断の結果が届きました。

60歳の健康診断結果、イエローカード3枚!

ついに来たかという感じの結果でした。

イエローカード、つまり要観察が3つありました。
それよりもさらに進むとレッドカードとなり要精密検査になります。

私の3つのイエローカード
★糖尿病疑
★血小板増多症
★脂質異常症

まだレッドカードにはならずホッとしていますが、診察結果を見てやはりショックでした。

60歳もう若くはありません、暴飲暴食の結果は数字に出ていました。
_| ̄|○

健康診断前は体重増加に気をつけていて、結果昨年よりも2キロ痩せていたので、どうどうとした気持ちで受けたのですが、体重は減っていてもお腹まわりが増えていたのです。

お腹回り、さわってみると硬いのです。
これは脂肪なんだろうなと予想していましたが、やっぱりそうでした。

60歳の健康診断結果は、メタボリックシンドローム予備軍でした

メタボとは中年のお腹がでたおじさんを想像していましたがついに私も・・・

★メタボリックシンドロームの診断基準
脂質、血圧、血糖が標準より高い人を言います。

私は脂質(中性脂肪)と血糖値が標準より高い数値を示していました。
簡単にいうと内臓脂肪が増えているということです。
そして血液がドロドロになっていく。

内臓脂肪の蓄積は動脈硬化を早めて、心筋梗塞・脳梗塞などの発症を早めると言われています。

それから血糖値が高いということで、糖尿病予備軍とも書かれていました。
そして昨年も結果に出ていた血小板増多症も、数値が減っていませんでした。
昨年は聴力が要観察だったのですが、今年は全部聞こえて、クリア。

さすが60歳だと思いました。
甘いものを毎日食べて、炭水化物は大好きでやめれない、そんな食生活を続けていたのだからこのような結果が出て当然だったのです。

この健康診断結果は私に警報をならしました。

さそっく中性脂肪の減らし方をググってみました。
運動、糖質を控える、炭水化物を減らすという答えでした。

運動は一日10000歩、歩いているのですが、その運動を帳消しするくらい甘いものを食べていましたので、意味がなかったことになります。

父が糖尿病との闘いで苦しんだ姿を見てきました。
糖尿病は遺伝すると言われていますが、やはり私もこのままの食生活を続けていたら、糖尿病になっていたと思います。

失明の危機、足の切断、苦しい食事療法。

みんな目の当たりにしてきたはず。

もう一つのブログにはどれだけ、スイーツが登場したことか。
あ~あ、本当にスイーツをたつことはできるのだろうか。

読者の皆様も年に一度の健康診断、おすすめします。
隠れメタボなんてこともあるかもしれませんよ・・・

タイトルとURLをコピーしました