老後を考える

野村監督が孤独死?奥さんと同じ虚血性心不全で。

野村監督が逝去されました。
私が訃報を知ったのは、お昼休みにツイッターを見てです。

野村監督は孤独死だった?という情報が流れました。

家で一人で亡くなったから孤独死という噂です。

私はそれを見て寂しい病で亡くなったんだと思いました。
これは私が一月の初旬に書いた記事ですが、本当に寂しい寂しいと連呼され「あとは死を待つだけや」という言葉が印象的でした。

奥さんの沙知代さんが亡くなってもう二年です。
突然の別れということもあったと思いますが、野村元監督は二年たっても立ち直っていませんでした。
寂しい、寂しい、なんで先に死んだんだと奥さんの死を受け入れていません。
ご自宅の庭のベンチにポツンと座り、寂しいを連呼していました。
あとは死を待つだけだとも言っていました。
なぜ寂しいのか?
いつもそばにいた奥さんがいなくなったからだけでなく、話し相手がいないからという理由でした。
一日自宅の庭でひとりぼっちで過ごしていれば、生きる目的もないし寂しいに決まっています。

野村監督は奥さんと同じ虚血性心不全で亡くなりました。

本当に仲が良い夫婦で、奥さんを愛していたのでしょう。
孤独死という噂が流れましたが、詳細がわかってきました。

お風呂場で倒れていたのを家政婦さんが発見したそうです。
その時はもう心臓が止まっていたのかもしれません。
ヒートショックでは?ともいわれています。

ヒートショックとは?気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをヒートショックといいます。この血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こります。引用済生会

お風呂で倒れて亡くなったので、それを孤独死というのかはわかりませんが、孤独だったということは間違いないと思います。
あとは死を待つだけとおっしゃっていましたが、こんなに早くその時が訪れるとは思いませんでした。

そして野村監督の訃報を聞いて、いろんな方がコメントをしていましたが、なぜ?お元気な時に会いに行かなかったのだろうと思いました。

昨年末のテレビ番組では、本当に孤独と闘っている様子でしたので、野村監督を慕う人はたくさんいるだろうになぜ誰も会いに行かないのだろうと思っていました。

息子の克則氏は突然の訃報にインタビューでは涙を流していましたが、父親がどれだけ孤独を感じていたのかを気が付かなかったのでしょうか。

野村監督は、奥さんの沙知代さんが、なんでなかなか迎えに来てくれないのか?と嘆いていたそうです。
早く奥さんのいる場所へ行きたいという思いで、毎日過ごされていたのかもしれません。
奥さんの沙知代さんが、やっと迎えにきてくれました。

タイトルとURLをコピーしました