ブログ

子供に先立たれた悲しみを背負い、思い出と共に生きるブロガーさん




子供に先立たれる悲しみを背負い、思い出と共に生きているブロガーさんがいます

詩穂、またあなたに会える日まで
2014.5.19 28歳で逝ってしまった娘に届けたい母の言葉

2014年に娘さんを亡くされ、それからずっとブログを続けられています。
とても美しい写真と共に綴られています。

子供に先立たれる悲しみは、時間が解決するなんて簡単には、言えません。
長い時間がたっても、癒えないと思うのです。

このブログを読んでいると、その深い悲しみが伝わってきますが、この方は娘さんと思い出と共に生きています。

最近の記事で、娘さんを亡くしたことに関し、「私だったら耐えられない」と言われたことが、とても傷ついたと書かれていました。
その記事の最後に、お母さんだって耐えられないよと娘さんに話しかけています。

このブロガーさんはブログで娘さんに話しかけることで、自分を保っているのだと感じました。
子供に先立たれる悲しみを背負って生きるというのは、重い十字架だなと思います。

たぶんこのブロガーさんは50代だと思われます。
ある記事の中で、娘さんと過ごす時間はかけがえのない幸せな時間だったと綴られていたことが印象的でした。
その時はわからなかった、本当にかけがえのない時間。

いつか私も子供と別れる時がきます。
誰にでも別れはやってきます。

子供と過ごす時間を大事にしたいと思っています。
思い出をたくさん作りたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました