平成の終わりに、ショーケンが逝く




花冷えの一日でした。

こんなに寒くてはお花見に行く気分になれません。
週末は雨らしいし・・

昨晩、悲しいニュースが飛び込んできました。

スポンサーリンク




平成の終わりに、ショーケンが逝く

私が小学生の頃に流行ったグループサウンズブーム。
私はジュリーよりもショーケンのいるテンプターズが好きでした。

小学生の頃、初めて買ったレコードがテンプターズの雨よ降らないでという曲。
ショーケンの声が好きでした。

その後、太陽にほえろや傷だらけの天使もずっと見ていました。

傷だらけの天使は衝撃的な終わり方をしました。
あきら(水谷豊さん)が肺炎で亡くなってしまうのですが、ドラム缶に入れて夢の島に捨ててきてしまう。
衝撃的なシーンを今でも覚えています。

ショーケンは、ハチャメチャな生き方ををしてきたけれど、最期は孤独ではなかった

4度目の結婚、お相手は富田リカさん、53歳には見えない美貌の方。

4度目の結婚でやっと穏やかな生き方になったショーケン。
最愛の奥さんに看取られて静かに息を引き取ったそうです。

昭和と平成をかけぬけた大スターだったと思います。

平成がもうすぐ終わります。

50代の私は三つの元号時代を生きることになります。
月曜日に新元号が発表されるらしいですね。

平成が終わることに、寂しく感じるのは私だけでしょうか。

平成が始まったころ、29歳でした。
読者の皆様は、もう結婚してましたか?
私は、結婚を焦りだしたころです。

その後、夫と出会い、焦り婚。
平成は私にとっても波乱万丈でした。

ショーケンが亡くなり、なんだか寂しい平成の終わりです。
人間みんないつかは人生を終えるのだと思った一日でした。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。