息子を溺愛は、デメリットばかり!母は反面教師だった



男の子をお持ちの方なら、わかると思いますが、男の子って理屈なしにかわいいのです。
夫にとっても私にとっても待望の男の子誕生でしたので、息子が生まれた時は、本当にうれしかったです。

夫は、息子誕生に涙を流して喜びました。
夫の涙を見たのは、その時が初めてだった気がします。




息子を溺愛はデメリットばかり・・・

息子を溺愛することはデメリットばかりだったと、今になって思います。

一番は、ずっとずっと娘に寂しい思いをさせてしまったことです。
娘が7歳の時に、息子は生まれたのですが、その時から私と夫の目は、すべて息子に向かっていました。

7歳だった娘は、しっかりしていたので自立が早いなんて勝手に思っていました。
この子は一人でも大丈夫だなんて勘違いをしてしまいました。

寂しさに耐えかねての行動なのか、娘は中学に入り、不良仲間とつるむようになりました。
髪の毛を金髪にした夏休み、警察に補導されたこともありました。
(まるで積木くずしの世界でした)

お父さんお母さん私を見て!というサインだったのかもしれません。

大人になった娘は、買い物依存症や、過食症に悩んでいました。

買い物依存症や、過食症などの摂食障害は、愛情不足が原因であることが多いらしいです。
私のせいだって思いました。

ちゃんと娘をみていなかった。
息子ばかりをみていましたから。

お父さんお母さん、私を愛して!と娘はずっと愛情に飢えていたのだと思います。

皮肉なことに、私と同じでした。

息子を溺愛した母、母は反面教師でした。

私は娘と同じ気持ちでした。

お父さんお母さん、私を見て。
そんな気持ちで、不良にこそならなかったけれど、親に心配ばかりかけていました。

兄も妹も結婚し、私一人が独身で、一人暮らしをするために家を出た時、母と父は、私のために初めて泣いてくれたことを今でも覚えています。

「出来の悪い子供ほどかわいい。
お父さんも寂しいって泣いていたわよ」

母が私に言った言葉も忘れることはできません。

その時、初めて自分だけを見てくれた気がしました。

それはもう30年前の事です。
そんなことを今でも覚えているのは、私が初めて両親から愛情を感じだ言葉だったからです。

息子を溺愛した母と同じように私は息子を溺愛してしまいました。

両親が自分に目をむけてくれない、それがどれだけ寂しいことかわかっていたのに、同じことをしてしまいました。

大人になった娘は、未だに愛に飢えています。

もう親はいないものとして生きていくから、そんなことを言われたこともあります。
娘は、自分を愛してくれない親なんて切り捨てようと思ったのではないかと。

夫と別居し、娘とでかけるのが楽しみとなりました。
今やっと二人で旅行できるまでに関係は回復しました。

ずっと寂しかった。
娘は旅先で、過去の気持ちを打ち明けてきました。

息子を溺愛した代償です。

息子を溺愛はデメリットばかりだと思います。

兄を溺愛した母は、85歳にして兄に捨てられました。

コメントの入力は終了しました。