失業保険をもらうと、その期間は年金が停止する?知らないと損をします




スポンサーリンク




失業保険をもらうと、その期間は年金を停止されるって知ってますか?

みなさんは失業保険に加入していますか?

パートですと、週20時間以上の勤務になると加入しなくてはなりません。

私も加入しています。
今のスーパーで働きだしてかれこれ11年。
雇用保険料は毎月500円ほどひかれています。

年間6000円だとして、おおざっぱな計算だと66000円払った事になります。
定年まで7年頑張るとして、残りの支払う金額は42000円ほど。

全部で約10万円前後、納めることになります。

しっかり納めたので、どうせ受け取りたいです。

そもそも失業保険とは、次の仕事をみつけるまでの保険なので、働く意欲がないともらえません。

失業保険(雇用保険)がもらえる条件
 ・退職前に雇用保険に最低6ヶ月以上加入していること
・65歳未満であること
・健康上問題なくすぐに働ける能力があること
・すぐに働く意志があること
・求職活動をしているが再就職できない状態であること

失業保険を満額受け取りたいなら64歳までに退職した方がお得という話もあります。

65歳の誕生日を迎えると、高齢求職者給付金と言い、一時金として一回のみしかもらえなくなるからです。

65歳で定年で職場を去った先輩方は、ほぼみんなこちらを選んでいます。

受給金額の計算方法はこちらのサイトに詳しくのっています

65歳以降に受け取れる失業保険が「高年齢求職者給付金」です。わかりやすく図を用いて説明しています。一時金となり30日分か50日分の支給が受けられます。64歳と65歳で手続きするならどちらが得か、年金との併給可能は可能化等のQ&Aもわかりやすく説明しています。

いろいろなサイトを見てはじめて知ったことがあります。

60歳を過ぎてから失業保険をもらうと、その期間は年金を停止されるということです。

年金をもらいながら、失業保険を受給しつつ、新しい仕事をさがす。
こんな流れだと思っていたのですが、失業保険と年金を両方もらうことはできないって、知りませんでした。

失業保険を受給している間の、年金は停止、つまり両方いっぺんにもらえないってことです。

65歳で定年退職した場合にもらえる、高齢求職者給付金の一時金の場合は、年金が停止されることはありません。

どっちがお得だか、よく考えてから決めたいですね。

そして2017年から法の改正により65歳以上でも、失業保険に入ることができるようになったそうです。
それから、失業保険は何回でも入ることができ、何回でももらうことができるそうです。

65歳で定年退職、高齢求職者給付金をもらう
半年間以上、働く(雇用保険加入)退職して雇用保険をもらう
また半年以上働く 退職して雇用保険をもらう

これは極端な例ですけれど、雇用保険は何度でも入り何度でももらうことができるそうです。

今、若い人でも、失業保険をもらえる期間、半年働いてはやめる、失業保険をもらうを繰り返している人もいるようです。

年金や失業保険のことなど、知らないと損をすることってあるかもしれないです。

私は、定年退職の65歳まで頑張るつもりでいますが、あと7年、立ち仕事に耐えられるか、ちょっと不安です。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。