親の介護で仕事を辞める、去っていく50代のパートさん

読者の皆様、こんばんは。

今、外はすごい風が吹いています。
台風の影響でしょうか。

私の勤務先は、30代から60代までと年齢層は幅広く、70人中50人は女性という女の職場です。

やはり親の介護の話題になることも多いです。

50代のパートさんが、親の介護のために、今月いっぱいで仕事を辞めることになりました。

今朝、ロッカーで本人から聞き、とてもショックでした。

まじめでコツコツと働くとても良い人でした。
仲の良い一人だったので、ちょっと寂しいです。

そのパートさんには、親の介護についていろいろ相談を受けていました。

昨年、お母様が突然他界し、高齢の父親の一人暮らしは心配だからとシングルの妹さんが同居して面倒をみていたそうです。

最近、一人で抱え込んだ妹さんが、身体を壊してしまったのです。
そして、三姉妹で、父親の介護の押し付け合いが始まったそうです。

そのパートさんは、三姉妹の真ん中、二女という立場です。

三人で親の介護は分担するべきだと最もなことを言われ、毎日実家に通う決心をしたそうです。

父親の介護といっても、頭はしっかりしている頑固なお父さんだそうです。

私も同じような立場だったので、サービス付き高齢者住宅の入居をすすめてみました。

子供にとっても親にとっても、ベストな選択だったと思っているからです。

頭がしっかりしているから、ディサービスも行きたがらない。
施設に入る?とんでもない。

そんな感じだそうです。

親の介護で仕事を辞める、そんなこと一年前は思ってもみなかった

そのパートさんは憂鬱な顔をしていました。

私立高校に通うお嬢さんがいるのです。

できたら大学まで通わせたい、だからまだまだ教育費がかかるので、本当は仕事を続けたかったそうです。

上司に退職を申し出たら、休職をすすめられたそうです。
(仕事ができるパートさんなので、会社にとっても痛いと思います)

休職?

父親が病気で余命宣告を受けてるなら、それもありかもしれませんが、80歳を超えていても、まだまだ元気だそうです。
いつまで介護をするのか、先が見えません。

親の介護は子供が分担するべき、とくに女三人だとその気持ちは強いのだと思います。

これからの通い介護、大変だなと思いました。

50代、いつ親の介護が自分にふりかかってくるかわからない年代です。

今月いっぱいで退職を決めた50代パートさんですが、自分の親だからこのような選択ができたと思います。

もし義両親だったら?

親の介護が原因で熟年離婚をする人も増えているそうです。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。