貧乏だから塾へ行けない、失敗の許されない浪人生

スポンサーリンク

読者の皆様、こんばんは。

今日も食べました、新玉ねぎ、今日はポン酢で食べてみましたが、甘く感じました。

受験うつから、立ち直ったかのように見えた息子ですが、相変わらずゲーム三昧です。

一時は部屋にひきこもり、外出するのが怖い、人の目が怖い、電車にのるのが怖いまで言っていましたので、あの頃に比べたら、信じられないくらい良くなった思います。

バイトも週三回、夕方に行っています。

何よりも、外出できるようになったことが一番うれしいです。

コンタクトを買いたい、本を買いたい、洋服買いたい等々、けっこうお金の請求してきていました。

これから、一切自分のアルバイト代でまかなうようになること、それが貧困母子家庭にとってはとても助かります。
そしてスマホ代も自分で支払うようになりました。

貧乏だから、塾へ行けない

行けないのではなく、塾へは行かない選択をして、息子は受験に失敗しました。

塾へ行かなくても、自宅学習でもできると息子が宣言したのは、去年の今頃だったと思います。

希望の国立大学の模擬試験では、E判定という絶望的な判定から、最後は最高のA判定まで上がりました。
A判定でも落ちる、息子はその通りになりました。

つい最近、ゲーム三昧の息子は、このままではまずいと思ったのか、塾へ行きたいと言い出しました。

宅浪(自宅浪人)はあまりにも、誘惑が多く、周りに受験生もいないので、モチベーションが上がらないのです。
またまた自室にこもり、孤独との戦いになってしまいます。

うつが、ぶり返すかもしれないし・・・
同じ失敗は繰り返したくないです。

貧乏だから塾へ行けないなんて言ってられません、失敗の許されない浪人生です。

結局は、前期の国立大学しか受けずに、滑り止めも、後期も受けませんでした。

それも、間違った選択だったと思います。

貧乏だから、受験代がもったいないとか、行く気のない私立なんで受けないと息子は言っていました。

これは、貧困家庭に身を置いている息子にも、しみついてしまった貧乏性だと思います。

失敗のゆるされない浪人生なので、やはり今回は塾へ行こうと、二人で話あい決めました。

息子の大学資金のための貯金は、多少あります。
 
たとえ、それを使ってしまったとしても、借金してでも、塾へ行かせたいと今は思っています。

貧乏でも、19歳で就職するのはいやだ、自分のやりたい仕事につきたいと言っている息子には夢があります。

息子が社会人になるまで、あと何年か。
それまでは、私の老後のための貯金はできないと思います。
少ない年金で、老後の不安は大きいです。

でも、まずは息子を社会人にしなければと思います。

不合格、ひきこもり、家庭内暴力、そしてうつ病。
こんな地獄は、もう二度と見たくないです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。