もうやめたい!早朝バイトは想像以上にきつかった

スポンサーリンク

読者の皆様、こんばんは。

連日、息子の記事になってしまいます。

息子の行動をいちいち見なければいいのですが、つい目に入ってしまいます。
そして心配になってしまいます。

ほおっておかなければ自立できないと、わかっているのですが。

今日も仕事中に、いろいろと考えていました。
息子はもう、いないものと思おう。
自立して出ていったことにしようと決めました。

そして私は自室にこもることにしました。

息子は、今日早朝バイトをさぼりました、無断欠勤したようです。

身体がだるくてだるくて仕方ないそうです。
そりゃそうです、一月から三か月ほぼひきこもりに近い生活をしていましたから。

筋肉も落ちてがりがりです。
なので、すぐに疲れる、18歳の若者なの?という感じです。

なぜ、早朝バイトにしたのか?

息子は、過去にスーパーの品だしのアルバイトの経験があり、楽だと思っていたのです。
そして昼夜逆転の生活を無理やり治したかったから。

でも、生活のリズムというのはなかなか変えられないものです。

朝起きれないからと、一睡もせずに徹夜で行ったこともありました。

早朝バイトは想像以上にきつく、もうやめたいと言い出しました。

まだ暗い早朝、5時すぎには家を出なくてはなりません。
たぶん続かないだろうと思っていたけれど、こんなに早く?

(;^_^A

一般的になぜ、早朝バイトはきついとされているのか。

やはり、朝早く起きるのはつらい、冬はとくにつらく、真っ暗な空の中、出かけなければならないということ。
夜早く寝なければならないこと。
次の日、早く起きなければと思うと、気持ちに余裕がなくなる。

こんな理由から早朝バイトは、通常の時間よりも時給がいいことが多いようです。

息子も時給がいいという理由で飛びついたのですが、5時起きは想像以上に、つらかったのです。
10時にバイトを終え、勉強タイムにしようという理想を描いていたのですが、その通りには行きませんでした。

4時間仕事を終えたという達成感で、もう何もやる気がしなくなったということでした。

早朝バイトを辞めて、どうするのか?

浪人生なので、基本は勉強です。
バイトなどしなくて済むならばと、私も思います。

昨日の記事で、息子の笑顔が見たいと書きました。
アルバイトなんかしないで少しはゆっくりさせてあげようと思いました。

だけど、悲しい貧困母子家庭です。

私の給料だけで、生活していくのがやっとです。

スマホを変えたい。
自分専用のテレビがほしい。
洋服がほしい。

若者なら求めて当たり前のものですが、それは自分でバイトで稼いで買ってほしいと話しました。

早朝バイトを辞めたい、息子はスーパーの担当者に連絡しました。

早朝がだめなら、夕方やってくれないかとありがたい話をいただきました。

それも息子が経験済みのドリンクコーナーです。

ドリンクコーナーはこれから、バンバン売れますから、補充が必要なんです。

どこのスーパーも人出不足みたいで、週三日でいいから来てくれと言われたそうです。

なので明日からは夕方からのバイトになりました。
週三日で、自分のお小遣い、スマホくらいは稼げると思います。

浪人生です。
何よりも大事なのは勉強です。

でもまだ4月という思いがあり、スイッチが入らないのかもしれません。

自分の小遣いくらいは自分で稼ぐってことで、一つずつ自立してほしいと思います。

ブログにご訪問頂きありがとうございます。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。