老化現象は防げません。おしゃれな老眼鏡は、zoff(ゾフ)で決まり!

50代後半にもなると、老化現象が、身体のあちらこちらに現れます。
そして、老化現象は残念ながら防げません。

最近、スマホの文字も、老眼鏡なしでは見れなくなりました。
パソコンの文字、本等々細かい文字は、全て見えなくなりました。

老眼とは?
近くを見ようとするときに、ピントを合わせる力が弱くなっている状態を老視と言います。
老視の始まりは、早い人では40歳から始まるそうです。

実は、ずっと100均の老眼鏡を使っていました。

これでいいと思って使っていたのですが、100均の老眼鏡は、目がものすごく疲れるようになってしまいました。

それで、ちゃんとした老眼鏡を買おうと思い、眼鏡市場とZOffへ行ってみました。

まず眼鏡市場に行くと、店員さんがぴったりくっついてきて、自由に見ることができませんでした。
老眼鏡がほしいと伝えたところ、一番安いので15000円だといいます。

ちょっと高いなと思いました。
老眼鏡に限らず、他の眼鏡も、最低価格が15000円でした。

次にzoffへ行ってみました。

zoffでは、老眼鏡のことを、リーディンググラスと呼んでいます。
名前までおしゃれです。

zoffには、いろいろな形や色、たくさんの種類があり、3000円からありました。

まず視力検査、やはり老眼がすすんでいると言われました。

普通の眼鏡をすすめられましたが、結局リーディンググラスを買ってきました。

店員さんの対応も眼鏡市場より全然良かったです。

(内容や種類、眼鏡市場とほぼ同じでした。)

男女共用で、プラス1.0 1.5 2.0 2.5から選べます。
私は、1.5にしました。

スマホが、すごくよく見えます。
長く使っていても、全然疲れませんでした。

もっと早く買えばよかったと思いました。

zoffオンラインストアのリィーディンググラス特集をやっています。

ブログにお越しいただきありがとうございました。

スポンサーリンク