55歳でシニアの仲間入り?!映画が1100円で見れました。

スポンサーリンク

今日は、実に10年ぶりに、映画を見に行きました。

10年前に、見た映画は、子供たちのお供で、ポケモンやらドラえもんでした。
自分のために自分の見たい映画を見たのは、本当に久しぶりです。

今、映画っていくらするのか、それさえも知らなかったのです。
(お恥ずかしい)

今朝、行く映画館を検索し、当日券は1800円だということを知り、びっくり!!

高い!!

でも、今日は給料日だし、たまにはいいかという気持ちで待ち合わせの場所に向かいました。

その友達に会うのは、2年ぶりで、友達のお子さんたちは、大学生になっていました。
今日は、東京の大学の話などもいろいろ聞くことができました。

そして、その友達が教えてくれたのです。

55歳以上は、シニア料金1100円で入れるってこと。

映画のシニア料金って、60歳以上だとばかり思っていました。

でも今日、行ったイオンシネマは、55歳以上だったのです。

ラッキー!!と思いながら、ちょっと複雑な心境でした。

私も、ついにシニアなんだってことに。

君の膵臓が食べたいを見ました。

泣ける映画と聞いたので、デドックス効果を期待していきました。
確かに、ぐっとくる場面はありましたが、ストーリーを知っていたので、泣けませんでした。

(ネタバレ情報をがまんできずに、見てしまって)

後ろの方から、鼻をすする音が聞こえてきました。
泣いている方多かったみたいです。

この映画、お涙ちょうだいの闘病映画だと思っていたのですが、違いました。

映画が終わり、場内が明るくなると、周りのみんな、なんだか難しい顔をしていました。
暗い気持ちになるというわけではなく、重いテーマなのです。

人の死は、いつ訪れるかわからない。
一日一日どう生きるか。命についてを考えさせられる映画でした。

久しぶりに映画館で見た映画は、やはりいいなと思いました。

画像も、音も、DVDで見るのとは、比べ物にならないくらい迫力がありました。

シニアに仲間入りってことで、シニア料金1100円で見れるなら、また映画館に行きたいと思います。

ちなみに、夫婦割っていうのもあるそうですね。
夫婦のどちらか一人が、50歳以上なら、一人1100円で、見ることができる。

夫婦で、映画鑑賞、私は経験することができませんでしたけど・・・。

映画を見た後は、これまた久しぶりの外食をしました。
自然食のバイキングで、ハーベストというお店です。

食べ放題って、そんなに食べらないものです。

今日は、久しぶりづくめの一日で、とても気分転換ができました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。