夜中に足がつる、それって老化現象?

私は今、56歳。

身体のいろんな所に、ガタが来ているような気がします。

気持ちは若いつもりでいても、老化現象には逆らえないです。

(´;ω;`)ウッ…

スーパーのレジという職業柄、膝痛には何年も悩まされてきました。
これは、サポーターをする、痛みに耐えられない時には、湿布をするなどの対策をしています。

7時間立ちっぱなしです。

こんな重い体を支えるのに、膝が悲鳴をあげているのしょうか。
そんなこともあり、痩せたいのですが、なかなか痩せません。

ここ一週間は、腰痛も始まってしまいました。
重いものをスキャンするので、仕方ないんです。

腰痛も老化現象かと、あきらめていましたが、そうではありませんでした。
40代の、いつも元気なパートさんが、腰痛に悩まされていて、整形外科へ通っていると聞きました。

老化現象というより、職業病なのかもしれません。

定年まであと8年。
身体がもつかどうか、心配です。

そして最近は、夜中に足がつる、俗にいうこむら返りが頻繁におこるようになりました。

特に、明け方におこることが多く、あまりの痛さに目が覚めてしまいます。

気になったので調べてみましたが、中には栄養不足という説明もあり、ちょっとびっくりしました。
(野菜はなるべくとっているのですけど)

足がつる原因は?

★身体の冷え   
 
 やっぱりという感想です。
 職場のスーパーは、冷房がガンガン入っているし、お店の中の冷蔵ケースで、夏でも冷えすぎている状態です。

  夜、入浴剤入りの湯船につかって、身体の芯から温まるという対策をとっています。

★筋肉の疲労や衰え

 一日中立ち仕事を10年続けて、やっぱり筋肉も相当疲労していると思います。
 そして、やはり年齢と共に衰えているのは悲しいかな、事実です。

  毎日、ウォーキングを一時間を目標にしていますが、雨だったり、疲れすぎていたりすると休んでしまいます。
 (自分にあまい。。。)

★水分やミネラルの不足

 水分不足で、血液の流れが悪くなっているのは、わかっていて、なるべく水分はとるようにしているのですが、
 そうすると、夜中にトイレへ行きたくなるという悪循環になっています。

  カリウムやマグネシウム不足も原因の一つとのこと。
  ポカリスエットを飲むといいと聞き、たまにポカリを飲んでいます。

あとは対処方法として、身体を冷やさないこと。

そして、加齢によって身体全体の血液の流れが悪くなっているので、そのためには運動も必要ですね。

私は、今まで大きな病気をしたことはないのですが、これから何が起こるかわかりません。
病院通い、できれば避けたいものです。

四捨五入をすると60歳。
アラカンです。

(;^_^A

自分の体をいたわってあげるのも大切なのかもしれません。

私のブログに、来ていただきありがとうございます。

スポンサーリンク