おすすめユーチューバー

86歳女性団地で一人暮らし、ボケないコツは楽しむこと

昨晩は爆睡、久しぶりに8時間まったく目が覚めませんでした。 気持ちよかった~ 今日は休み、まず洗濯をしました。 ベランダに干せることがとてもうれしい。 (前住居はベランダなどなく、日当たりもなくずっと部屋干しだっ...
パート

職場のゴタゴタに疲れた日、女の職場にいじめはつきもの?

昨日、仕事帰りにインフルエンザの予防接種を受けて帰宅するのがおそくなってしまい、今日は身体が重く感じました。 やっぱり無理は禁物です。 職場のゴタゴタに疲れた一日 仕事ができない女性社員がいて、それをつっつく二人のパー...
老後貧困

65才以上の女性が後悔してるお金のこと

今日は、仕事帰りにインフルエンザの予防接種を受けて来ました。 会社が提携している診療所なら無料で受けられるので、自宅とは遠いけど行ってきました。 副反応はなし、だけどとても痛かったです。 65才以上の女性が後悔して...
介護

スーパーで息子に怒鳴られる年老いた母親、老々介護の現実 

最近のスーパーは、だんだんと暇になってきました。 昨年はコロナ禍で、ステイホームの恩恵を受けて売り上げは最高だったとのこと。 そのコロナが収束に向かい、スーパー業界はどんどん売り上げが落ちているらしいです。 皆様のブログを...
アラカンのつぶやき

いい夫婦の日にひどいめにあう、 美顔器が付録の素敵なあの人

今日は11月22日、いい夫婦の日です。 おひとり様の私には無縁の日ですが、ひどい目にあいました。 朝礼で「夕方には雨風がひどくなる予報、皆さんが帰るころには一番ひどくなっているかも」と店長。 その通りに、私が帰る時...
熟年別居

60代夫婦は喧嘩ばかり?モラハラ夫との老後は、考えられなかった

今日は、午前中教会に行き、帰宅後はゆっくり休みました。 娘からのラインで、孫が高熱を出したことを知りました。 孫は7カ月、ついに免疫がきれたっぽい。 ママからもらった免疫は半年くらいできれるそうです。 (もう忘れてた) ...
おひとり様の老後

60代一人暮らしで困ること、自分で乗り越えます

職場で年末調整の提出が始まりました。 以前は紙に書いて提出していましたが、今はインターネットで提出になりました。 (昨年からです) 60代の同僚は、やり方がわからない人が続出でした。 みんな40代の同僚にやってもらってい...
未分類

60代一人暮らしのユーチューバーは、悲壮感が漂っている

テレビがつまらなすぎて、ボッーとしたい時に見ているのがユーチューブです。 私はAmazonファイヤーTVスティックを使って、テレビの大きな画面で見ています。 一番よく見ているのがシングルマザーKeiさんの動画です。 ...
認知症

そういえば母は、何もすることがなくなってからボケ始めた・・・

高齢の常連のお客様が、コロナ禍の影響なのか、たくさんの方がみえなくなりました。 みなさん、どうしているのか、老人ホームに入られた方もいるのかもしれません。 人は老いていく、そしてできないことが増えていく。 たくさんの高齢者...
老後の暮らし

老後を元気に過ごすには、70代の生き方が重要になる

認知症の母が亡くなり、先日に納骨も済ませました。 納骨が終わった後の会食では、兄夫婦と妹夫婦と母の思い出話に花が咲きました。 母は80代を越えてから、急激に認知症が進行していきました。 母を見ていて、自分はできたら認知症に...
老後貧困

セレブ妻だった専業主婦が、木造アパートで一人暮らしに転落した理由

今年は本当に暖かい秋で、今日もコートは必要なし。 地球温暖化のせいなんでしょうか。 寒くなるのは嫌ですけどね。 私は独り身なので、健康でいることが何よりも大切です。 スーパーで始まる年末商戦に向け、自分のための家事は...
アラカンのつぶやき

母の納骨が無事終了、私の生まれ故郷はどんどん変わっていく

昨日、母の49日の法要、そして納骨が無事に終わりました。 私が生まれ育った東京は、近いようで遠い。 東京をウロウロしたら、とっても疲れちゃって、私は本当に田舎者になったと感じ、横須賀に帰ってきたらホッとしました。 母の...
アラカンのつぶやき

小室眞子さん、ついに明日渡米へ、母として私だったら耐えられない

小室眞子さんが、いよいよ明日渡米することになりました。 借金問題はここに来て、急に解決しました。 小室佳代さんの元婚約者が、解決金400万円を受け取ることに合意しました。 この400万円は眞子さんのお金という噂もあります。...
おひとり様の老後

子供を捨てた瀬戸内静寂さん、晩年は愛に生きた波乱万丈の人生

瀬戸内静寂さんがお亡くなりになりました。 99歳、大往生です。 瀬戸内静寂さんと言えば、女性週刊誌で連載をよく拝見しました。 人生のお悩み相談的な法話会をやっていました。 大変人気だったそうです。 私も週刊誌の...
アラカンのつぶやき

大殺界の3年間には、親しい人との別れがある

夜になると、風が冷たく感じました。 職場にいる時は、若い子たちとケラケラと笑っているけれど、この部屋に帰ってくると、相変わらず寂しさがおしよせてきます。 いつまで寂しいと言っているんでしょうかねー私。 細木数子さんが亡...
タイトルとURLをコピーしました