認知症

60代パート仲間が認知症?もの忘れと認知症の違いとは?

60代パート仲間が認知症?

勤続16年の大ベテランのパート仲間が、急に仕事ができなくなりました。
脳の老化では?と思うようなことを通り越してちょっとひどい状況になっています。

・お客様にお金をもらうのを忘れる
・一回レジ打ちしたものをもう一度打つ
・期限切れの商品券を受け取ってしまう

会社側に損害を与えるようなことが何回もありました。

レジで500円以上あわないミスをすると、始末書を書かされ本社に提出します。
二度とミスしないように気をつけますと、いわば反省文のようなものです。
私も今まで二回ほど書いたことがあります。

60代同僚は、あまりにもひどいのでレジ業務を外されました。
何度注意しても改善されなかったからです。

もしかしたら会社側は自ら辞めるように導いているのでは?と思います。

明日は我が身、私だっていつそうなるかわかりません。

私も、少し前に聞いたことが頭に入っていないことがたまにあります。
これは老化なのかと焦ることもあります。
人の事は言えません。
相変わらず、人の名前が思い出せないことも多いです。

人の名前が出てこない、脳が老けないためにやるべき事とは?
最近、物忘れがひどく、ちょっと心配になってきました。 こんなにも早いスピードで脳が老化していくのかと恐怖を感じています。 人の名前が出てこない、顔は思い浮かんでも名前が思い出せない そんなことはありませんか? 最近、...

60代で認知症発症?あり得ない話ではありません。

65歳未満で発症した場合は若年性認知症と呼ばれています。
もしかしたら若年性認知症なのか、それとも単なる老化によるもの忘れなのか。
もの忘れと認知症の違いを調べてみました。

<もの忘れ>
・ドラマに出ていた俳優の名前を忘れる
・小説の主人公の名前を忘れる
・知人の名前を思い出せないが、ヒントをもらえば思い出せる
・財布をしまった場所を思い出せない
・買い物に行って卵を買い忘れる
・友人との待ち合わせで、時間や場所を忘れる
・洗濯機に洗剤を入れ忘れる
・手紙に書いた内容を忘れる
・電話で聞いた内容を忘れるが、メモを見れば思い出す
・買い物に自転車で行き、置いた場所を忘れる
・夫婦で旅行に行った年や場所が思い出せない

<認知症>
・ドラマを見たことを忘れる
・小説を読んだことを忘れる
・知人の名前を思い出せず、ヒントをもらっても思い出せない
・財布をしまったことを忘れている
・買い物に行ったことを忘れて、卵を何度も買ってしまう
・友人と待ち合わせしていることを忘れる
・洗濯機の操作方法を忘れる
・手紙を書いたことを忘れる
・電話で聞いた内容を忘れ、メモを見ても思い出せない
・買い物に自転車で来たことを忘れて家に帰る
・夫婦で旅行に行ったことを忘れている  引用週刊朝日

この違いを見ると、もの忘れと認知症の境界線がわかります。
もの忘れは、体験したこと自体を忘れるわけではなくて、ヒントを言われて思い出すことも多い。
認知症の場合、その体験自体を忘れてしまいます。

たとえば昨晩の夕飯のメニュー思い出せないのが、もの忘れで、食べたこと自体を忘れるのが認知症です。

認知症は脳にゴミ(アミロイドβ)がたまるのが原因です。

良い睡眠をとれば、寝ている間にゴミが排出されるそうです。
あとは有酸素運動をするとか、他人とコミュニケーションをとる、そして指先を動かす知的活動も認知症予防につながるそうです。

指先を動かす知的活動、囲碁、将棋、裁縫などですが、ブログを書くことも、立派な知的活動です。
指先で、考えながらタイピングをするからです。

私は相変わらず睡眠時間5時間ほどです。
もっと睡眠時間を確保しなければ・・・

タイトルとURLをコピーしました