熟年別居

卒婚は人生をリスタートできる、私も卒婚?




今や熟年離婚より卒婚の時代なのでしょうか?

卒婚とは?
婚姻状態にある夫婦が互いに干渉することなく個々の人生を歩んでいくという生活形態のこと。婚姻関係を維持するので離婚ではない 引用Wikipedia

卒婚は人生をリスタートできる

今までの生活形態を捨てて、個々の人生を歩む、これは間違いなく人生を再スタートできると思います。

時代は変わりました。
性格のあわない夫、趣味があわない夫、価値観が違う夫と最後のその日まで添い遂げなければならないというのは一昔前の話かもしれません。
昭和の時代はそれが当たり前でしたが。

今は卒婚という言葉もできて、離婚をしないでそれぞれの生き方を楽しむ、そんな方が増えているようです。

私も卒婚?

離婚していないので、卒婚になるのかも。
別居していても経済的援助は全くなしです。

本来なら別居でも婚姻生活費を請求できるようですが、夫は私よりもさらに貧乏な老後を過ごしているので、請求できないのです。

熟年離婚はすごいエネルギーが必要だと思います。
熟年でなくても、若い人の離婚もダメージは大きいのではないでしょうか。

人生をリスタートさせたいなら、卒婚

同じ空気をすうのも嫌だなんていう夫婦もいるのでは?
そして夫がいるだけで具合が悪くなるという夫源病。

夫がいるだけで苦痛、夫が原因の夫源病って?解決方法は?
職場の50代同僚は、夫が定年退職して家にいるようになってから身体の不調が続いているそうです。 夫から離れてパートに出てくるとホッとしています。 義母の介護をしている同僚もいますが、仕事は介護の息抜きになっているとか。 みん...

上沼恵美子さんは夫源病になり、現在は卒婚しているとどうどうと発言されています。
時々は夫に会いに行くらしいです。

熟年層で卒婚は急増中

卒婚で問題になるのは、経済的なこと
とくに長年専業主婦だった方は、自分の収入のあてを作らなければならないので、なかなか厳しいと思います。

完全に別居は無理にしても、あるブロガーさんが実際にやっている一階と二階で別れて暮らす方法もありだと思います。

お互いに干渉しないだけでも、ずいぶんと気持ちが変わると思います。

60代からでもおすすめしたい卒婚。
生活は苦しくなるかもしれないけれど、何よりも心が自由になります。

この本から卒婚という言葉が生まれました

タイトルとURLをコピーしました