おひとり様の老後

還暦を迎えました、60代にやりたいこと




ついに還暦を迎えました。

60歳の誕生日も普通に仕事です。
帰宅したら息子が恥ずかしそうに花束をくれました。
白いバラです。
花束のプレゼントは、母の日のカーネション以外では初めてかもしれません。

私たちの予定日は12月25日ころだったと母から聞いています。
当時はエコーなどなく、双子だとわかったのは当日の朝だったそうです。

私が先に生まれ、45分あとの妹が生まれました。
やっぱり双子だったので、お腹はかなり重かったと思います。

未熟児で生まれ、どっちか一人は木の箱に入って、生死をさまよったらしい。
2000gなかったんじゃないかな?
私と妹、どっちが危なかったのか定かではありませんが、その後スクスクと育ち、二人とも無事に還暦を迎えました。

妹と私、まったく違う人生を歩んできました。
(当たり前か・・・)

60代にやりたいこと。

60歳まで生きたから、残りの人生はおまけみたいなもの
一か月前くらいから、なぜか過去を振り返ってみることが多くなりました。 別居して何回か行った娘との旅行は本当に楽しかったし、息子との二人暮らしは貧乏ながらも平和に暮らせています。 59年生きてきて今が一番幸せだと思ったのです。...

3月に書いた記事ですが、この時と気持ちは変わっていないです。
残りの人生はおまけみたいなものだと思っています。

自分でいうのも何ですが、本当に波乱万丈の人生だったから、今が一番幸せかもしれません。

60代にやりたいことの一番は、温泉巡りです。
これは50代の時と変わらないけれど、とにかく温泉が好きです。
ひとり旅もしたい。

それから自分の時間を大切にしたい。

そしてあと10年、今の職場で頑張りたい。
最期の時まで、社会と関わっていたいです。

そのためにはやはり健康でい続けることが一番です。
無理は禁物、睡眠時間を増やして自分を労わることも忘れずに。

ブログ村ですが、今日で50代の生き方から去ります。
50代とおさらばするのは、かなりさびしいです。

職場に60代70代がけっこうたくさんいるので、心強いです。

最後に愚痴を一つ。
疲れ方がハンパないです。

気力だけで乗りきれるかそれが問題。

タイトルとURLをコピーしました