50代のおすすめです

辛い更年期障害の症状、私は50歳で終わりました




私の職場は女性の多い職場です。
パート、アルバイト、社員、全部で70人くらいいますが、そのうち、50人は女性で占めています。

朝から不機嫌な人もいます。
身体が不調だと嘆く同僚もいます。

今日も更年期障害の話で、盛り上がりました。

私が今、元気なのは更年期が終わったせいもあるのかなと思います。

日本女性の閉経の平均年齢は、50歳前後で、更年期はその前後10年間と言われています。
更年期障害の症状が出て、一番つらいのは、閉経前の一年というのが一番多いそうです。
まさしく私もその通りでした。

更年期障害の症状はどんなものがある?

更年期障害のチェック項目
□ 汗をかきやすい
□ のぼせる・ほてる(ホットフラッシュ)
□ 記憶力や判断力の衰えを感じる
□ イライラしやすい
□ 憂うつな気持ちになる
□ 寝つきが悪い、眠れない
□ 耳鳴り、頭痛、めまいがある
□ 動悸、息切れがある
□ 疲れやすい
□ 吐き気や腹痛がある
□ 肩、腰、背、手足に痛みがある
□ 手足が冷えやすい
□ トイレが近い
□ 肌がカサカサする
□ 太る
□ 痩せる
□ 抜け毛が増える

この症状の中で、痩せる以外はほぼ経験しました。

私の閉経は50歳で、一番きつかったのは、その一年前でした。
憂うつな気分になったり、イライラもありました。

ひどかったのは肩こりで、腕もあがらなくなり、仕事であるレジ業務に支障をきたすほどでした。
洗濯物も干せないくらいの痛みでした。
背中にまで痛みが出たので、整形外科を受診しました。
理学療法士に、マッサージをしてもらったり、自分でできる改善法、体操を教えてもらいました。
 そこにあったウォーターベッドでのマッサージは超気持ちがよかったのを今でも覚えています。

本当にきつかったのは一年間だけで、50歳で閉経を迎えてから、身体はうそのように楽になりました。

更年期障害の症状で悩んでいた時、常用していたのが命の母Aです。

気休めだったかもしれないけれど、効いていたと思います。

職場で、更年期障害の話題になった時に私と同じように、命の母Aを飲んでいる同僚がたくさんいました。
大豆イソフラボンのサプリを飲んだり、大豆食品を積極的に食べてるなんていう同僚もいます。

今日もアラフィフの同僚が、自分は鬱かもしれないと言う。
更年期中は、ホルモンのバランスが悪くなるので、すごい落ち込むことがあります。

私もそうだったよーと命の母Aをすすめました。
そして、更年期障害の症状は、重い人軽い人いろいろだけど、そのつらい時期を乗り越えればうそのようになくなるからジッと我慢の時だねなんて話をしました。

つらい時期を乗り越えれば、うそのように消えてなくなるって。
まるで現在のコロナ禍のようです。

今はジッと我慢の時です。

タイトルとURLをコピーしました