アラフィフクライシスに巻き込まれた、50代友人の死




スポンサーリンク




アラフィフクライシス、50代は何が起きるかわからない

昨日の記事でアラフィフクライシスについてを書きました。
50代は本当に様々な変化が起きる年代です。

昨日の記事で書いたように、50代は私自身本当に変化のあった年代だったように思います。

通勤バスで通る道で、時々思い出す友人がいます。
もうすぐ三回忌、時がたつのは早いなぁと思います。

アラフィフクライシスに巻き込まれた、50代友人の死

その友人とは、息子の高校のPTAで知り合いました。
一緒にPTA活動をして、何回かご飯を食べたりお茶したり、いつも愚痴を聞いてもらっていました。
真面目な広報委員で、亡くなる一週間前の体育祭にも取材に行って、いつも張り切って写真をとっていたイメージでした。

50代の友人の訃報は二年前、突然のことでした。

訃報、Aさんが、事故で亡くなりました。
そんな内容のメールが突然来て、すごい衝撃を受けたのを覚えています。

高校生の子供がいる親として、お子さんの気持ちを思うと、胸が痛みました。
その後、事故の様子が、まったく伝わってこなかったので、交通事故だったのか、職場での事故だったのかさえもわからずじまいでした。
お通夜でも、葬儀でも、喪主であるご主人は、事故のことを語ろうとはしませんでした。
ただ不思議に思ったのはお通夜ではもう荼毘にふされた後で、遺骨となっていたのです。

だいぶ後からわかったこと。Aさんは、事故ではなく、自ら命を絶ったのでした。
発作的だったそうです。

どんな方法で命をたったのかはわかりませんが、顔がもう滅茶苦茶だったとか。
それでお通夜の前に荼毘にふされていたのでした。

ショックでした。

ご主人から聞いたのですが、何か悩みもあって、それが重すぎて、抱える物がいっぱいあって、全てを投げ出したくなったのではないかということでした。
私は愚痴を聞いてもらうばかりで、聞いてあげることができなくて・・・後悔しています。

アラフィフクライシス、人生の転機にはいろいろなことが起こります。

時には、心穏やかに過ごせないようなことも起こり得るということです。

更年期障害だったり、子供の反抗期だったり、または仕事の問題だったのか。
Aさんは、どんな重荷を背負っていたのかはわかりません。

娘さんは息子と同じ年20歳です。
お母さんを突然亡くして、どれだけ悲しかったことか。

アラフィフクライシスに巻き込まれてしまったのか、残された家族もつらい人生となってしまいました。

アラフィフクライシスとは、直訳すると50代前後に訪れる危機のことですが、いたずらに怖がるのではなく、心構えが大事なのだそうです。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。