パート主婦82万円の壁はいつから?月収6万8千円でも社会保険に加入




スポンサーリンク




パート主婦の88000円の壁というものができたのは平成28年10月、今度は68000円の壁ができます。

88000円の壁ができてから、残業も休日出勤もしなくなったパートさんがいました。
年収が106万円を1円でも超えてしまったら、旦那さんの扶養から外れなくてならないからです。

私の妹がそんな失敗をしました。
88000円を超えないように、働いていたつもりが、休日手当の分の計算ミスなのか、年収が106万円を超えてしまいました。

2000円くらい超えただけなのに、旦那さんの扶養から外れ、翌年は扶養手当が支給されなくなったそうです。
月5000円の扶養手当が出ていたとして、年間にすると60000円のマイナス。

これはもう働き損の典型だと思います。

旦那さんはそんなに怒らなかったらしいけど。
何をやってるんだ、俺の給料が減った~と嘆いたそうです。

それから妹は計算ミスのないように、現在は80000円に抑えて仕事をしています。

近い将来、今度は82万円の壁ができます、月収6万8千円でも社会保険に入らなくてはなりません。

そもそもパート主婦の106万の壁とは?

短時間労働者への適用拡大
①週20時間以上
②月額賃金8.8万円以上
(年収106万円以上)
③勤務期間1年以上見込み
④学生は適用除外
⑤従業員 501人以上の企業(※)
引用厚生労働省

平成28年に施工されました。

この時に、社会保険に加入した50代の同僚がいました。

50代同僚は、自分で国民健康保険、国民年金に入っていたのです。
(旦那さんは自営業で、仕事は引退していました)
両方で30000円以上を納めていたとのこと。

その同僚は、年収106万円をこえていたので、迷わずに社会保険に入りました。
50代も後半だったので、将来もらえる年金はわずかしか増えません。

それよりも良い点は、社会保険料は、国民健康保険と国民年金の約半分で済みます。
半分は会社が負担してくれるからです。

もっと早く入ればよかったと言っていました。

パート主婦82万円の壁ができることが決まっています。それはいつから?

一番早くて2021年と言われています。
二年後です。
二年なんてあっと言う間でしょうね。

82万円の壁は、月収にすると68000円です。
今、88000円に抑えて働いていた人は、20000円も少ない月収に納めなくてはなりません。

これはもう、もっと働いて扶養から外れた方がいいと、最近社会保険に加入した40代のパートさんがいます。
お子さんが高校生になり教育費がかさんできたという理由もありました。

88000円に抑えていたら、年収は増えないわけで、この同僚は働く時間を増やすことを選びました。

なぜ今度は82万円の壁?

やはり少子高齢化で、年金の財源が足りないからだと思います。
働く主婦からも、負担してもらおうという政府の苦肉の策ではないかと。

40代同僚は、子供の教育費のためにバリバリ働くという賢い選択をしたと思います。
88000円の壁を気にしないで、今は月収13万くらいになったそうです。
(旦那さんの扶養から外れてしまいましたが)

私ももう少し若ければ、働く時間をもっと増やしたかったのですが、体力は限界です。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。