ブランドバッグの断捨離どうしますか?



私が20代後半の頃が、バブルの全盛期でした。
ブランドバック片手にディスコ通いした方、いらっしゃるのではないでしょうか?
私も行きました、ディスコへ。
(ディスコという言葉は死語かも)

懐かしいです。
あの頃は、良かったなと思い出すこともよくあります。

20代後半、私は独身貴族でした。
29歳で一人暮らしを始めるまで実家暮らしの悠々自適の生活をしていました。

あの時代好き勝手に生きたつけが今になって回ってきているのかも・・・

ブランドバックも買いました。
私が好きだったのは、レノマやビィトンです。
海外旅行も行きました。

ビィトンは海外で買ったこともありました。

今でも持っています。

ビィトンは持ち手の部分が色が変わってしまいました。
持ち手を変えれば売れるようなことを聞いたので、大事にとってあります。

いつかは断捨離しなければと思っています。

レノマのセカンドバックは、母にあげてしまいましたが、母はそれを銀行通いの時に使っていました。
今はもう捨てちゃったと思いますが。

スポンサーリンク




ブランドバックの断捨離、どうしますか?

ブランドバックと言えば、もう使わない物は、買い取ってもらうことができます。

少しでも高く売りたいと思いますよね。
とても参考になるサイトをみつけましたので紹介します。

★ブランドバックの買取

娘にもこのサイトを教えました。

使わない物、箪笥のこやしになっているブランドバックは断捨離してしまいましょう。

それが、少しでも高く売れれば、新しいバックが買えちゃうかもしれません。
断捨離はちょっとしたお小遣い稼ぎもできちゃいます。

次回のお休みは断捨離にはげもうと思っています。

スポンサーリンク