50代の終活、年賀状やめたい!終活年賀状の書き方




今年もあと二週間となりました。

いつものように慌ただしい年末をおくっています。

来年はいのししなんですね。
兄が年男です。
私は、再来年、ねずみ年です。
いよいよ還暦が迫ってきました。

読者の皆様は、年賀状をまだ続けてますか?

スポンサーリンク




50代の終活、できることからはじめる

50代で終活は、まだ早いかもしれませんが、できることから始めたいですね。

最近、テレビでよく終活年賀状の話題が放映されています。
今年で、年賀状は最後にしますというのが終活年賀状の意味です。

50代でそろそろ年賀状を辞めたいと思っている方は、終活年賀状を書いてみてはいかがでしょうか?

私は、4年前に夫の家から出た時に、親しい友人には、別居したことと、年賀状はご遠慮お願いしますというような内容の連絡をしました。
そんなに親しくない年賀状だけのやり取りのお付き合いの方には、突然、音信不通にしてしまいました。

たぶん元わが家には、何通か私の年賀状は届いていたと思います。

その方たちには、お返事もだせず、突然音信不通です。
これは一番、失礼な年賀状のやめ方です。

年賀状は、突然出さなくなるよりも終活年賀状を出すべきでした。

別居して、生活が安定するまで本当に必死でした。
年賀状どころではなかったのです。

こちらからまた終活年賀状を出して、今更だけどご挨拶をしようかと考えたのですが、年賀状だけの付き合いの方、小中高時代の同級生だったり、OLの時の同僚とかなのですが、住所がわかりません。

みんな元わが家においてきてしまいました。

終活年賀状の書き方

高齢者の方の文例はこちらです。

あけましておめでとうございます
1.旧年中は大変お世話になりました
さて 私もよる年波には勝てず
毎年の年賀状をしたためることも難しくなってまいりました
本年をもちまして 年始のご挨拶状をご遠慮させていただこうと考えております
向寒のみぎり くれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます
平成三十一年 元旦

2.あけましておめでとうございます
お元気でお過ごしでしょうか
私も今年で○○(卒寿、米寿など)を迎えます
高齢になり今まで通りのお付き合いも難しくなってまいりましたので
本年をもちまして年始のご挨拶を失礼させていただきたいと思います
勝手ではございますがなにとぞご容赦ください
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしております
平成三十一年 元旦  引用年賀状プリント

高齢者の方用の文例はこんな感じですが、50代ですと、このまま利用というわけにはいきませんね。

高齢を理由としないで、平成最後の年となりました。
私も、平成で年賀状は終わりにしたいと思います。
と書くのはどうでしょうか?

終活年賀状の書き方として、相手に不快な気分を与えないように、縁をきるわけではない、今後もよろしくというような文を入れなくてはなりません。

最近、40代、50代から、終活年賀状を書く方は増えているそうです。

人間の断捨離というわけです。

50代の終活、まずは年賀状の断捨離をしてみてはいかがでしょうか。

応援していただけると嬉しいです

ブログにお越しくださりありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村


にほんブログ村

シニアライフランキング


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。