ドラマ グッドドクターを見た、自閉症の小児科医を演じる山崎賢人さんの演技がすごい

今日も暑かったですね。
猛暑を通り越して、酷暑です。

西日本の豪雨災害の影響で、非常食が売れています。

お水もパックごはんも、何年も保存できるタイプのものは、売り切れました。

昨日、久しぶりにテレビドラマを見ました。

グッドドクターというテレビドラマで山崎賢人さんが主演です。

山崎賢人さんが演じる主人公は、自閉症スペクトラム障害をもっています。
話し方が、オドオドしている、身体をゆらすなど、自閉症になりきっていました。

すんだ眼をしている、ちょっと猫背な所も、自閉症の特徴だそうで、演技がすごい、うまいと称賛の声があがっているそうです。

自閉症スペクトラム障害とは発達障害の一つですが、その特徴とは?

自閉症スペクトラム障害の特徴
・あまり周囲のことに興味を持たない。
・コミュニケーション能力が低い。
・こだわりが強い。
・集団行動が苦手。
・融通がきかない。臨機応変に対応できない。
・人に説明するのが苦手。
・人がどう思っているのかを把握するのが苦手。
・なにげない雑談などが苦手。
・自分の興味があるものに没頭する。

以前、職場に自閉症スペクトラムの大学生がいましたが、この中にあてはまるものとあてはまらないものがありました。

一口に自閉症スペクトラムと言っても、知的障害が伴うもの、伴わないもの。
障害が軽いものと重いものがあるようです。

発達障害グレーのわが息子も、いくつか当てはまるものがあります。

雑談が苦手で、会話がなりたたないことが多く、苦労した時、身につく雑談力なんていう本を買ってきて、勉強していました。
最近はできないことはできないと、自分を認めるようになってきました。

グッドドクターの主人公である新藤湊は、自閉症スペクトラム障害でありサヴァン症候群でもあるという設定になっています。

サヴァン症候群の特徴は、並外れた記憶力、並外れた計算力を持っている、そして芸術的才能、音楽的才能をもっているなどです。

山崎賢人さんが演じる新藤湊は、医科大学を首席で卒業したという能力をもっています。

よく発達障害は凹凸障害とも呼ばれています。

脳の中での能力が、できることとできないことの凹凸が激しいからです。

このドラマは、自閉症スペクトラム障害の家族をお持ちの方は見ていてつらい場面もでてきます。

自閉症へ向けての差別的発言がたくさん出てきます。

昨日の一話で、差別的な言葉を受けた主人公の新藤湊が、「自分は人とは違うから、人と違うのは知っているから、慣れています。」という言葉を返していました。

主人公新藤湊は、ちゃんと自分の障害は受け入れているのだと思いました。

自閉症スペクトラム障害という障害を持ちながら、特性を生かして小児科医として成功していく姿を描く、グッドドクター、来週からも見ようと思います

いつも私のブログを応援してくださっている皆様、ありがとうございます。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。