発達障害、自分の子じゃない発言に憤りを覚えます

スポンサーリンク

今日は、歴史的会談の話題でもちきりでした。

核がなくなり、平和な世の中になっていくことを期待したいと思います。

私は、この話題よりも、新幹線内殺傷事件の容疑者の両親のコメントを見て、プンプンと怒っています。

電車って密室です。
今日も電車に乗りましたが、ここでナイフを持った人が現れたら?と思うとぞっとしました。

怖い世の中です。

電車の中の光景、いつも思いますが、ほとんどの人がスマホをいじっています。
他人のことよりも、スマホです。

新幹線内殺傷事件の容疑者は、発達障害でした。

母親のコメント、息子は、発達障害を持ち大変育てにくい子だった、自殺願望があり心配していたが、まさか殺人事件を起こすとは。
そっとしておいてください。
父親のコメント、自分の息子ではない

このコメントを見て、あたたかさがみじんもないと感じました。
容疑者は、愛されずに育ったのだと思いました。

中学時代は、登校拒否、ひきこもり、家庭内暴力。
そして施設に入る。
高校は定時制に通い、その後職業訓練校に入る。
就職するもうまく行かずにやめる。
その後、行く場所がなく、祖母の養子となる。

このような経歴を見て、両親に愛されずに、両親に捨てられたということがわかります。

発達障害は個性です、容疑者の特性を理解してあげることはできなかったのか?

父親の自分の子ではない発言に憤りを覚えます。

この両親が、容疑者の特性を知り、受け入れてあげれば、このような事件は起きなかったかもしれません。

父親は暴力で抑えようとして、母親は自分の手にはおえないと、放りだす。
発達障害のわが子を愛せずに捨てた親。

発達障害は個性なので、必ず良い所もあったはずなのに・・

誰からも愛されない苦しみ。
自分は、人とは違うという苦しみ。

そして、他人に牙を向けてしまいました。

今の世の中、キレやすい人が増えていると思います。

愛されずに育ち、愛を知らない若者も増えている気がします。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。