一億円のマイホームを手放した兄が、大切にしているもの

私の実家は、もうありません。
生まれた育ったふるさとも、もうありません。
(東京ですけど)
 

一億円の家は、兄が売りに出した後に、すぐに売れて取り壊されまいました。

おかげで母の老後資金はなくなりました。

消えた老後資金、母の預金一千万円は瓦礫の山になりました。
11月だというのに、暖かい一日でした。 ここ何日か、猛烈な寂寥感に襲われています。 息子がいるのに、寂しい。 仕事して...

こんなことになるとは、誰も思っていなかったと思います。

父と兄が、三階建ての鉄筋コンクリートの豪邸を建ててしまったこと。
一番の原因は、身の丈にあっていなかったということでしょう。

男というのはマイホームに関してロマンや夢があるのか。
自分の力で家を建てたという事実を、残しておきたいものなのか。
極端に言えば、頑張って生きた証を、この世に残していきたいと思うものなのか。

いろいろな理由があると思うけれど、兄は無理をしすぎたということです。
その家を建てたころは、ちょうどバブルがはじけたころでした。

バブルははじけたけれど、日本の経済はそんなに落ち込んでいなかった頃だと思います。

三階建ての立派な二世帯住宅は、父も母も、兄夫婦も自慢の家となっていました。

その三階建ての二世帯住宅には、兄の息子二人も住んでいましたが、大きい家というのは光熱費もかかるんです。

暖房は床暖房でした。
そんな贅沢しちゃったものだから、光熱費が万単位でかかっていたらしいです。

光熱費の督促状がくるようになって、母は、兄夫婦の経済状況が大変なことになっていることに気が付いたのです。

私も妹も、母がそこで豊かな老後を過ごすのであろうと思っていました。

一番、売りたくなかったのは兄自身だと思います。
汗水垂らして、頑張って働き、ローンを払い続けてきた兄。

親父が残した家を手放すものかと、必死だった兄。

それでもだめで売却が決定し、引っ越しまであと一か月という時、兄は病に倒れました。

住宅ローンの借金に追われて、相当のストレスがあり、そして調子が悪くても病院へは行く暇がないほど働いていました。

お嫁さんから、真夜中に電話がありました。
「Yちゃんが、危ない。」

(Yちゃん、兄のことみんなそう呼んでいます)

次の日駆けつけると、兄は集中治療室にいて、意識がありませんでした。
どんな処置をしても、血圧は低いままで、熱も下がりませんでした。

危険な状態は十日ほど続き、みんな兄の死を覚悟しました。
最後は多臓器不全になり、尿の出も悪くなりました。

父の最後の時と同じ状況になり、もうだめかとみんな思ったのですが、奇跡が起こりました。
兄は敗血症だったことがわかり、原因がわかったので集中的に点滴をしたのです。

三途の川が見えたと、兄は言っていました。
意識がない時、生死をさまよっていたのだと思います。

お嫁さんの呼ぶ声がして引き返したと、言っていました。

倒れて二週間後に、意識が戻りました。

兄はガリガリに痩せて別人のようになり、やつれていました。
そして、筋肉もなくなり、茶わんさえ持てなくなっていました。

仕事ができるのか?
お先まっくら、これからどうすればいいの?

そんなマイナスの気持ちもあったけれど、一番、感じたのは命があること、生きていることがどれだけ素晴らしいことかがわかったと言います。

一億円のマイホームを手放した兄が、今、一番大切にしているものとは?

お金でもなく、名誉でもなく、一番大事にしているのは命です。
健康が第一、身体が第一、人間にとって一番大事なのは命だと悟ったようです。

ヘビースモーカーだった兄は、たばこをスパッと辞めました。
日本酒が大好きでしたが、それもやめました。

今、59歳ですが、車の運転もできなくなり、車も手放しました。

今は、小さな貸家に住んでいます。

生死をさまようという経験をした兄は、人一倍、健康に気遣うようになりました。

そしてよく言う言葉は、生きていてよかったです。

生きていることが、奇跡
私は、いつも自分の今までの人生を呪っていました。 焦りと同情で、間違った結婚をしてしまったことで、苦しみの結婚生活をおくることにな...

兄は、孫に会うことができました。
ずっと健康でいたい、長生きしたいと話しています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。