お茶のいっぷく、NSP、天野滋さん

このブログのタイトル、お茶の一服は、今は亡き天野滋さんの曲です。
このお茶の一服という曲が好きで、ブログ名に使わせていただきました。

天国の天野さん、許してください。

天野滋さんとは、1980年ごろに一世を風靡したフォークグループNSPのリーダーだった方です。

夕暮れ時は寂しそう、八十八夜、赤い糸の伝説などのヒット曲があります。
ご存知の方はご存知ですよね?

私が高校生だったころ、よくコンサートにでかけました。
懐かしい青春時代、私の青春はNSPひとすじでした。

そんなNSPが、平成2年に復活しました。

子供が小さくて復活コンサートには行けませんでした。

そろそろ行けるかなと思っていた矢先、リーダーの天野滋さんは、ガンに倒れ他界されてしまったのです。

(´;ω;`)ウゥゥ

今は、落ち込んだ時、疲れている時、NSPの曲で元気をもらっています。

お茶の一服の歌詞

ちらばった机の上にもある
薄暗い天井のすみにもある
つらいことってのは不思議なくらい
どこにでもころがっているよ

どうにも弱ってしまったら
この部屋を飛び出して
君に会いに行くよ
うそじゃないさ

ドアの鍵はずしてさあどうぞ
いらっしゃいの一言いってくれるね

あたたかさの中に大事に僕を
しまってくれる君に会いに行くよ
うそじゃないさ

笑って僕をむかえ入れて
お茶の一服 いれてくれるね

ちらばった机の上にもある
薄暗い天井のすみにもある
つらいことってのは不思議なくらい
どこにでもころがっているよ

この歌詞が好きです。
そう、つらいことっていうのはどこにでも転がっているのです。

この歌詞では、つらいことがあった時に、迎えてくれる、お茶をいっぷく入れてくれる優しい彼女が登場します。
温かくなります。

私には、お茶の一服いれてくれる、受け入れてくれる人はいませんが、
今は、NSPの歌が、温かく迎え入れてくれます。

そんな天野さんが、亡くなり今年で12年。
13回忌なんですね。

月日がたつのは早いです。

私は、子育ても終了し、今は独り身になってしまいました。

NSPの一人である中村貴之さんが、今でもライブをやっています。

紫陽花がきれいに咲くころ、中村さんのライブに行くのを、チケット握りしめて
楽しみにしたいます。

応援していただけると嬉しいです
お寄りいただきありがとうございます。記念に応援してくださるとうれしいです。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク