断捨離

母は反面教師、ますます断捨離にはげむ




つい最近、ニトリのゴミ箱と電気ストーブを手放しました。
蓋付きのゴミ箱は、息子と二人暮らししていた時に買ったもの、大きすぎて、ワンルームの部屋では邪魔になっていたのです。

小さいゴミ箱に買い替えました。
こちらもニトリで買ったものです。

昨年亡くなった私の母は、断捨離が苦手でした。

私が生まれ育った家から、二世帯住宅に引っ越す時、二世帯住宅を手放すことになった時、施設に入ることになった時と、合計3回も断捨離したわけですが、すごい量の物を捨てました

実家の断捨離は潔さが必要!一番処分に困ったのは高額な着物
実家の断捨離どうしますか? 親が年取れば年取るほど、自分では何もできなくなります。 誰がやる? 子供がやるしかないのではないでしょか。 ずいぶん前に、書いた記事ですが、大げさではなく捨てるものが大型トラック二...

昭和一けた生まれの母はとにかく物を捨てない

もったいないもったいないが口癖でした。
そういう親を持つと子供は実家の断捨離でものすごく大変な思いをします。

施設に入る時に、そんなにたくさんは持っていけないのでかなりの量の洋服を捨てることになりました。
その時に譲り受けたパジャマとネグリジェを今でも着ています。

亡き父の着ていたパジャマや下着、靴下も捨てないでとっていました。
私の息子にあげると言ったけれど、さすがにおじいちゃんの遺品を着るのはと、遠慮しました。

私がなかなか物を捨てられなかったのは母の影響が大きいと思います。
物を捨てる罪悪感を受け継いでしまいました。

時代は変わりました。
断捨離やミニマリストブームでもたない暮らしが主流になりました。

母はいろんな面で反面教師です。

息子を溺愛は、デメリットばかり!母は反面教師だった
男の子をお持ちの方なら、わかると思いますが、男の子って理屈なしにかわいいのです。夫にとっても私にとっても待望の男の子誕生でしたので、息子が生まれた時は、本当にうれしかったです。夫は、息子誕生に涙を流して喜びました。夫の涙を見たのは、その時が

断捨離が苦手で、あふれたものの中で暮らしてきた母です。

これは子供に迷惑をかけます。
一度にどっと物を捨てるってお金もかかりましたし、とにかく片付ける労力がたいへんなものでした。
そう思うと、私もこれ以上物を増やしてはいけないってすごく思います。

母の最終章は、すべてのしがらみを手放していました。

母は母なりにつらい過去があったり、若い時は苦労をしたようです。
そして自営業の妻としてお店を切り盛りして、けっして楽な人生ではなかったかもしれない。

最後は父の闘病を支えて、自分は老人性うつ病となり、認知症へと移行していったわけです。
古くからのしきたりにすごくこだわる人で、お墓参り、法事、親戚づきあい等々すべてを完璧にしないと気が済まない人でした。

気をつかいすぎたから、認知症になってしまったのかななんて思います。
認知症というのは、神様からのプレゼントだという人がいます。
過去の苦しみ、しがらみ、もう全部忘れていいよってことらしい。

昨年秋に亡くなった時、特養の部屋の後片付けは妹夫婦がやってくれまっした。
3回の断捨離を済ませていたからこそ、わずかな物しか残っていなかったと思います。

私は今、収納のない6畳ワンルームに住んでいますが、これからもまだまだ断捨離に励むつもり。

「お母さん、これだけで暮らしていたの?」と、子供たちに言われることが目標です。

タイトルとURLをコピーしました