ブログ

リア充ブログを読んで、へこむ時




昨日も今日も、同僚に疲れた顔をしているって言われてしまいました。

最近とっても目がショボショボしているのです。
まぶたが落ちてきたのを感じていて、それで疲れてみえるのか。
マスクを外した顔なんて、とても見せられません。

リア充ブログは嫌われる?

SNSで嫌われる発言とは?という記事を読みました。
SNSでどんな発言をすると嫌われるのかという内容の記事でした。

これはブログの世界でも同じなのではないかと思ったのです。

SNSで、一番嫌われるのは、リア充を連呼する人だそうです。

リア充とは?
SNSやブログのつながりではなく、現実の世界が充実していうことをいうそうです。
リアルが充実しているってことです。

ブログの世界でも、本人は自慢しているつもりはなくても、読み手にとっては自慢しているように見える場合が多々あると思います。

今日は、○○ホテルで○○ランチを友達と食べに行きました、という類の記事ですね。
たまになら全然ありだと思いますが、しょっちゅうだったら?

私も、毎日のようにリア充感満載の記事を書いているブログを見たくない時があります。
自分が悩みに押しつぶされそうな時とか、疲れている時とかに読むとへこんでしまいます。

同じ人間なのに、どうしてこうも違うのだろうと思ってしまう時もあります。

facebookでもリア充連呼は嫌われるそうです。

シニアのみなさんは、facebookを利用していますか?
最近の一番人気はインスタグラムでしょうね。
20代の娘は、ブログにはまったく興味がなく、いろいろな情報はインスタグラムでえているようです。

私はツイッターもインスタも登録はしているけれど、発信は全くしていないです。
一時期盛んに投稿していたfacebookも、今は中断しています。

ずいぶん前の話ですが、facebookで、ママ友があまりにもリア充を書き続けるので、友達登録を解除したことがあります。

今日は、○○ホテルのラウンジでお食事。
今日は、ダーリンから花束をもらったとか。

幸せ感満載だったのです。
この人は、日々の出来事をそんなに自慢したいのかって思いました。
マイナスの言葉はみかけたことがないです。

人と比べることは、もうやめたけれど、住む世界や環境がまったく違う人のブログは、もう読んでいません。

もうひとつ嫌われる発言というのは、ネガティブすぎる発言ばかりする人です。

死にたい。
生きているのがいやになった。
絶望。

確かにネガティブ発言しかしない人のつぶやきとか、ブログ記事は、読んでいて暗い気持ちになってしまうから敬遠されるかもしれません。
私自身も、自分のブログは暗いなと思ったことがあります。

息子が浪人中にうつ病になった時は、暗い記事の連発だったかも。
本当に苦しい毎日だったので、ブログで吐き出していたのです。

読んでいただいた方には、不快な気持ちにさせてしまったかもしれません。

今の生活も、全然リア充じゃないけど、少しでもポジティブなブログを書いていきたいです。

タイトルとURLをコピーしました