老後の暮らし

健康寿命は75歳、一日でも長く人の手を借りずに暮らすには・・・




GW二日目、忙しくて、ヘトヘトです。
帰宅後、またベッドで横になりました。

体力の衰えを感じます。

健康寿命は平均75歳と言われています。

75歳は女性の場合で、男性は72歳です。

健康寿命とは、心身ともに自立し、健康的に生活できる期間のことを言います。

この健康寿命が、年々伸びているそうです。
老後も働き続けている人が増えているからでしょうか。

60代後半のパートさんたちは、病院通いをしている人が多く、整形外科だったり、高血圧の治療だったりです。
みんな自分の体をだましだまし、頑張っているのかもしれません。

シニアの同僚たちが口をそろえて言うのは、働き続けたいということ。
体力の衰えは感じていても、精神面では働いていた方がいいと考えている人が多いようです。

一日でも長く、人の力を借りずに暮らしたい

母が認知症を発症したのも、確か75歳くらいだったと思います。
母の苦しむ姿を見てきたので、認知症にはなりたくないって思っています。

母は、反面教師です。
母と真逆の暮らし方をすれば、認知症にはならないかも?
そんなに簡単にはいかないでしょうけど。

母は、自営業の父を手伝っていたので、ずっと仕事をしてきた人でした。
父も母も、仕事が生きがいだったのか、お店を兄夫婦に譲ってから急激に老けていったような気がします。

父が糖尿病を患い、闘病生活をささえた母。
父が入院中は、毎日病院に通っていて、それはまるで自分の責務と追い込んでいたように思います。

父が亡くなってからは、闘病疲れもあり老人性うつ病を発症します。
その頃、母は孤独だったのです、兄夫婦と住んでいてもいつもひとりぼっちでした。

そこから趣味を持つとか、友人と会うとかの気力はもうなかったのです。
ひとりぼっちになり、孤独との闘い、そして認知症へ移行していきました。

夫と共依存は危険、ピンクが好きだった70代女性の今
読者の皆様は好きな色がありますか? 私は、断然ピンクで、以前の部屋のカラーはピンクに統一していました。 可愛い感じにはなったけれど、なんだか落ち着かない感じでした。 なので、一人暮らしをスタートしてからは、白とベージュ...

母も共依存だったのかも?
父の闘病を支えることが生きがいだった母が、何もやることがなくなってしまった。
そして認知症になっていく。
自分の身の回りのことが、できなくなったのでサ高住に入ることになったわけです。

健康寿命を延ばすコツは?

・働き続けること
・一人の時間を楽しむこと
・ストレスをためない
・たまには友人と交流するなど人と接すること

こんな感じかも。

タイトルとURLをコピーしました