おひとり様の老後

60代は人生をどう終えるかの準備期間、今を楽しむ




一人暮らしをスタートして、8か月。
知らない間に物が増えています。

娘がこれあげる~と不要な物をくれるのですが、それがたまっていく。
娘も物を捨てる罪悪感があるから、私にくれるのです。
いらないものはメルカリに出していいと言っているので、売りに出すつもり。

60代は人生をどう終えるかの準備期間

現在も、セッセと老前整理に励んでいます。
私は60歳で一人暮らしを始めたのですが、一番良い時期だったと思う。

年を重ねるごとに、引っ越しは大変になります。
そして引っ越しは、断捨離の良いきっかけになって、たくさんの物を捨ててきました。

元気なうちにやれることはやっておこうって思います。
必要最低限の物に囲まれて暮らしていく、ミニマリスト大賛成です。
物が少ないと探しものが少なくなるはず。

終の棲家を、漠然と決めておく

現在のワンルームマンションが、とても住み心地がいいので、ずっとここに住んでいたいと思っています。
自分で自分の身の回りのことができなくなった時は、やはり施設に入ることを考えています。
私の年金だけでは、足りないので、その時のために老後資金を貯めていきたい。

私の父は、糖尿病を患っていたので、いくつかの病院を転々としたあと、老人病院でなくなりました。
いつも寂しそうな顔をして天井をみつめていました。

母は、サービス付き高齢者住宅から、特養に入所し、最後は入退院を繰り返していましたが、特養の個室で息を引き取りました。

二人の共通している所は、最後にありがとうと言って、旅立ったということです。
二人とも、もう覚悟はしていたのだと思います。

私も最後はありがとうと言って、さよならしたい。

脳がしっかりしているうちに、エンディングノートを書いておく

60代の終活 エンディングノートに、絶対に書くべき三つのこと
人生何が起こるかわからない、今年ほど実感した年はないと思います。 コロナの影響で生き方も考え方も少し変わってきました。 先日から老前整理を始めています。 物を捨てる時に、これはもしかしてメルカリで売れるかもと出品してみたら...

一年半前に、書いた記事ですが、自分のエンディングノートには実はまだ何も書いていません。
なんとなく億劫で、先延ばししていましたが、このご時世、自分の身に何が起こるかわからないので、早々に書きたいとは思っています。

そして、61歳の今は、毎日楽しく平和に過ごしたい。
節約しつつ、美味しいものを食べる。

メディアを見るのは、ほどほどにして、テレビが言ってることは本当だとむやみに信じない。
ストレスは万病のもとと言われているので、ストレスをためないように、楽しみを作ってます。

タイトルとURLをコピーしました