おひとり様の老後

家族がいても孤独、だったら最初から一人の方がいい




年末のスーパーが嫌いです。
スーパーに勤めている人がいうことじゃないけど。

なんか気忙しい空気が苦手です。
今日もバタバタとした一日でした。

クリスマスケーキとチキンを予約したお客様が続々と取りにくる。
イチゴをラッピングしてほしいというお客様。
そんな中、果物の篭もりの注文もあり、ご仏前ののしをつけてほしいとか。
お屠蘇はどこにあるのか?
みかんがくさっていたから返品したい等々。

こんな注文がいっぺんにくる。
61歳の私の脳の中はもうグチャグチャです。

家族がいても寂しい、高齢の方からよく聞く言葉です。

家族がいても会話がないとか、子供世帯と同居でも話しもしないなど。
私の母もそうでした。

母は父が亡くなってからは、まるで独居老人。
二世帯住宅に住んでいながらも、兄夫婦と会話はありませんでした。

今でもすごく覚えているのは、兄夫婦がお嫁さんの母親を招待して食事にでかけた時、私はいつも誘ってもらえないと言ってたこと。
母一人は家で留守番、そこで一人で食べる夕飯はどれだけ寂しかったろうかと思います。

そんなことがたびたびあったようです。
それこそ、もっと孤独を感じたと思う。

嫁姑問題に関して、私は経験していないからよくわかりません。
母はお嫁さんにとっては、うざいだけの存在だったのかもしれないし。

でも、自分だけ誘ってもらえないって、やっぱりこたえると思う。
知らなきゃ知らないでなんとも思わないんだろうけど、みんなで外食にいったなんて事実を知っちゃうとやっぱりいい気持ちはしないでしょう。

私はいやだ。
息子からは、将来同居はしない宣言されているので、そんな心配はしなくてもいいかもだけど。

家族がいても孤独なら、最初から一人の方がいいって思うのです。

母が入居したサービス付き高齢者住宅は、家族がいても孤独だった方がおそらく大勢いたと思います。
みんな同じ。
高齢になってからの一人暮らしです。
同じような境遇の方ばかりだったから、母はそこで楽しそうでした。

花火大会も、お花見もクリスマスも、楽しい時間過ごしていました。
楽しそうだった母を見て、私も将来はサ高住に入りたいと思うようになりました。

今は楽しく?一人暮らしをしている私ですが、暗ーい過去があります。
暗い過去の結婚生活を毎日が発見ネットで連載しています。
よろしかったらご覧ください。

DV父親から逃れるため18歳で家を出た娘。彼女の部屋が私と息子の避難場所に.../chii
モラハラDV夫との異常な結婚生活を振り返っています。 いろんなことを乗り越えて、今やっと平穏な暮らしを取り戻すことができました。 本当に波乱万丈な結婚生活だったのですが、その中でも忘れられない出来事を書いていこうと思います。 【前回】「俺は他の子と違うかもしれない」親の暴力、家庭崩壊...生きづらさを訴える中学生の息子...
タイトルとURLをコピーしました