老後の暮らし

年金が少ない老後、どう生きるべきか 息子と同居もあり?




毎日残業続きで疲れた一週間でした。
頭の中も、心の中も、部屋もグチャグチャになっていたので、今日は掃除をしました。

部屋が汚いとやっぱり思考は低下し、マイナスのことばかり考えてしまいます。
今はすっきりした気持ちでブログを書いています。

午前中は教会に行き、礼拝に出席。
礼拝の後、教会の仲間と談笑して、老後の話になりました。

教会仲間と共に暮らす、グループホームみたいなものを作りたいというのが、私たちの夢です。
私はそこの管理人さんとなってスタッフとして働いてほしいというありがたい言葉をいただきました。

夢は実現するかわからないけれど、ひとりぼっちの老後を想像するよりも、ワクワクしてきました。
もう一つのブログで、自分の受け取る予定の年金額を公表しました。

なんとひと月3万円です。

なので、70歳までは今のパートを続けて現在の収入17万円を維持していきたいと思ってます。
問題はその後です!(笑)

年金が少ない老後、どう生きる?

いろんなサイトをのぞいてみました。
3万円ではやっていけないからです。

どの記事も決まって書いてあるのは、仕事を続けるということでした。
正社員は無理でも、パートやシルバー人材センターで働くとか、とにかく収入を得る工夫をすすめています。

その次は、足りない分のみ生活保護を申請するという方法です。
現在の生活保護受給者で、一番多いのはこのような高齢者だそうです。
これからも増えることが予想されます。

そしてもう一つは家族と暮らすことです。
娘や息子と暮らせば、確かに家賃はかからず、光熱費も半分ですみます。
場合によっては食費も。

息子と暮らして息子の扶養にはいることも考えていました。

お母さんの老後は俺が面倒みるからと言っていてくれた息子だったので、そのつもりでいた時もあったのです。
ようするに、息子にベターっとくっついていようと思っていた、寄生虫のようにです。

息子が一人暮らし宣言をするちょっと前に、「お母さんといると俺、結婚できないかもしれない」と言ったのです。
東京へも就職先になるであろう場所にもついてきていいと言ってた息子の発言にびっくりしました。

ちょっとショックだったけれど、その通りだって思ったのです。
そうでなくても、母子家庭育ちの男子は敬遠されやすいと聞いたことがあったので、べったりくっついていてはダメだって思ったのです。

よく見ている動画、70歳からのセカンドライフは、息子さんと二人で暮らしています。
こちらの息子さんは40代くらいでしょうか?
モラハラで苦しんでいた70代の母親を助け出したヒーローみたいな人だって思ったけれど。

息子さんは、もう結婚をあきらめたのでしょうか?
70代の母と仲良く暮らすその生活に、お嫁さんが入っていくのは、相当大変だと思います。

こちらの動画を見ながら、実はうらやましかったりします。
息子と二人三脚で、助け合っていく生活、温かさを感じます。

私は、娘と息子の人生の邪魔をしたくないかな。
息子が結婚しなかったら?
その時はその時に考える予定です。

タイトルとURLをコピーしました