老後の暮らし

私は不幸じゃない、人と比べることをやめてみた




久しぶりのいいお天気で、朝から布団を干しました。
前アパートでは布団を干す場所なんてなかったので、おひさまの光を浴びれることに喜びを感じています。

前アパートで使っていた布団乾燥機&除湿器は息子が持っていきました。
ちゃんと使っているのかな。

人と比べるのことをやめてみたら、自分は不幸だって思わなくなりました。

以前は比べてばかりいましたね~、スーパーにくる素敵なご夫婦連れをみてはうらやまくなり、旦那さんが毎日迎えにくる同僚がうらやましくて、私だけなんでこんな不幸なんだっ?と妬みのドツボにはまっていきました。

当然、そんな毎日は楽しくなくて、悶々としていました。

本当につい最近、人と比べることを手放しました。
私は私なんだって思ったし、まず自分の持っているものに目をむけようと決めました。
そして自分の現在の環境や持っているものに感謝をする。

たくさんのものを持っていることに気が付きました。

70歳を超えても働ける職場、職場の優しいアラカン仲間たち、性格の良い後輩たち、娘、息子、孫。
そして寝転がって空が見える部屋、自由な時間などです。

私、こんなに持っているじゃん、不幸じゃない!って思いました。

貧乏ですが、三食ごはんは食べれるし、スイーツも毎日のように食べてます。
今日は西友の150円のレトルトカレーを食べて、美味しくって、幸せ~って思いました。

以前よく自分と比べていた熟年別居中のブロガーさんは、ホテルのラウンジによく行かれています。
コーヒーとケーキで2000円!高っ!
そこでの優雅なひと時がとても幸せだと感じておられるようですが、それを見て違う違う、幸せの感じ方が違うって思ったのです。
幸せの基準が違うんです。

だから比べても意味がない、私は私なのだってますます思うようになりました。

昨日たまたま見た中田敦彦さんのユーチューブ大学が、私の今の思いとドンピシャなテーマでした。
いまさらミニマリストの話題なのですが、人と比べるのをやめて、持っているものに感謝しようという内容でした。

【ミニマリスト②】4段階の捨て方と捨てた後の変化(Be Happier With Less Stuff)

うんうんその通り!とうなづきながら見ました。
中田敦彦さんのユーチューブ大学はすごくわかりやすくベッドに寝転びながら聞いています。

タイトルとURLをコピーしました